ファッション通販のZOZOがヤフーに売却され、前澤友作社長は辞任した。ヤフーはTOBでZOZO株の50%超を取得して子会社化する。前澤氏は所有するZOZO株(約30%)の大半を売却して、個人で2400億円を手にすると見られる。前澤氏は、「他にやりたいことがある」と話したが、月旅行以外は明らかにしなかった。

会見では、ソフトバンクグループの孫正義会長が経緯を話した。「相談に乗ってくださいという。新しい人生をもう一度過ごしたいんだと。会社はどうするの?と聞いたら、そこで相談なんですということだったんです」

前澤氏はタレントの剛力彩芽との交際、「プロ野球球団を持ちたい」、「スペースXとの月周回飛行発表」、「ポケットマネーで100人に100万円のお年玉」と話題は多かった。

企業経営よりやりたいこと見つけた・・・

司会の加藤浩次「創業者ですから、1人で作り上げてきた人」

坂口孝則(コンサルタント)「6畳一間で始めたジャパニーズ・ドリームですね。だから、第2、第3もありうる。雇われ社長とは違いますよ」

菊地幸夫(弁護士)「創業者は(売却に)抵抗するケースが多いですが、今回は、経営者でありたい気持ちを上回る何かがあるんでしょうね。株を売って、取締役まで辞めてしまうというのは」

坂口「過去を捨てるのを躊躇しない人ではありますね」