12日(2019年9月)午前1時半ごろ、東京・中目黒で夜空に漂う複数の光が撮影され、「宇宙船? 何かの光? オカルト的な光に遭遇した」とSNSに投稿された。映像では、1カ所に集まっていた光がバラバラに分かれ、いくつもの点状になって動き回ったり列になったりして、最後はアルファベットの「NEO」とも読める形でまとまって光る。

「とくダネ!」取材班が投稿者を訪ねようとすると、その途中で謎の光に遭遇した。たしかに、光は1カ所に集まったあと分離、点いたり消えたりしながら「NEO」の文字を形作った。

光の方向に向かってみると、現れたのは「ラウンジネオ」という店だった。しかし、「うちは関係ない」という。その後も、取材班は数回、謎の光を確認したが、その正体に関する有力情報は得られなかった。

渋谷にオープン予定の展望施設のサーチライト?

気象予報士の天達武史「少なくとも気象現象ではないですね」

UFO研究家の竹本良氏「これは面白い。何かメッセージを出すためのUFOの集結だったのかもしれません。60%くらいはUFOの可能性があるかもしれません」

司会の小倉智昭に「UFOなんですか?」と聞かれた伊藤利尋キャスターは「わかりません。人工的なものとは感じますが」

ネット上では、渋谷にオープンする展望施設のサーチライトではないかという説が有力だ。