「トゥームレイダー ファースト・
ミッション」の一場面 (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.

写真拡大

 アリシア・ビカンダー主演「トゥームレイダー ファースト・ミッション」の続編を、「フリー・ファイヤー」「ハイ・ライズ」のベン・ウィートリーが監督することがわかった。

 前作は、かつてアンジェリーナ・ジョリー主演で映画化された人気ゲームシリーズを、ビカンダー主演で再映画化。「THE WAVE ザ・ウェイブ」で注目されたノルウェー出身のローアル・ユートハウグ監督がメガホンをとり、2018年に公開され世界累計興行収入2億7500万ドルのヒットとなった。

 ビカンダーがトレジャーハンターのララ・クロフト役で再び主演する続編は、ウィートリー監督の妻エイミー・ジャンプが脚本を執筆している。米Deadlineによれば、20年初頭にクランクインし、21年3月19日全米公開の予定。

 なお、ウィートリー監督は現在、英作家ダフネ・デュ・モーリアのゴシックホラー小説をもとにした新作「レベッカ(原題)」(リリー・ジェームズ、アーミー・ハマー主演)のポストプロダクションに入っている。