英教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーションは9月12日、THE世界大学ランキング2020を発表した。1位はオックスフォード大学で、4年連続。トップ12までは英米の大学が独占している。

日本からトップ200に入ったのは東京大学京都大学の2校のみ。東京大学はイギリスのロンドン大学キングス・カレッジと並んで36位で、京都大学は65位だった。京都大学の順位は前年と同じ。東大は論文の引用数や国際性などで高評価を受け、昨年の42位から大きく順位を上げている。

日本のランクイン数は110校で、前年から7校増えたものの、トップ200に入った大学を見ると中国は7校、韓国6校、香港5校と、アジア各国と差がついている。

初ランクインした6校はすべて医学部を持つ大学

国立大学に限ってみると東大、京大に続いてランクインしたのは、251位〜300位に東北大学と東京工業大学、301位〜350位に名古屋大学と大阪大学。このほか、401位〜500位に北海道大学、九州大学、東京医科歯科大学、筑波大学が入っている。東工大を除き、医学部を持つ大学が強い傾向にある。

私立大学のトップは初登場の産業医科大学で351位〜400位。次いで401位〜500位の藤田医科大学(旧藤田保健衛生大学)、帝京大学、501位〜600位の関西医科大学、601位〜800位の東京慈恵会医科大学、慶應義塾大学と、こちらも医科大学、医学部を持つ大学が並んだ。

産業医科大学以外で新たにランクインしたのは久留米大学(601〜800位)、京都府立医科大学、聖マリアンナ医科大学(801〜1000位)、三重大学、大阪医科大学、滋賀医科大学(1001位以下)の6校でいずれも医学部がある。

アジアのトップは中国の清華大学で23位。昨年より順位を1つ落としたものの、トップの座を守った。2位も同じく中国の北京大学で24位。