『ルパンの娘』第10話での深田恭子と柄本時生

写真拡大

 ドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系/毎週木曜22時)で主人公・三雲華役を演じる深田恭子が、第10話(9月19日放送)で華の祖母・三雲マツ(どんぐり)の若かりし頃を演じ、黒髪のセーラー服姿を披露する。

【写真】深キョン×瀬戸康史×柄本時生の三角関係の行方は…『ルパンの娘』第10話より

 本作は、横関大の同名小説(講談社文庫)をドラマ化したラブコメディー。代々泥棒一家の娘・三雲華と代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の決して許されない恋愛を描く。第10話では柄本時生が華の祖父・三雲巌(麿赤兒)の若かりし頃の役でゲスト出演するほか、瀬戸が藤岡弘、が演じる和馬の祖父・和一の若かりし頃を演じる。

 高校三年生・18歳の巌(柄本)は、マツ(深田)に淡い恋心を抱いていた。だが、マツは巌の親友・和一(瀬戸)と交際しており、彼女が和一を深く愛していることを知っていた。自分の出る幕はないと感じていた巌だったが、“Lの一族”の一人娘であるマツは、和一が警察一家の息子であることを知り、決して許されない恋愛であることに日々葛藤していた。そんな時、とある悲惨な事件をきっかけに三人の関係に変化が訪れる。そして時代を経て、華と和馬の運命が、その60年前の事件によって再び交差することとなる―。

 柄本は深田とは、深田がレギュラー出演していたドラマ『ハロー張りネズミ』最終回(TBS/2017年9月15日)にゲスト出演して以来、およそ2年ぶりの共演。

 第10話では、逃亡中の三雲華(深田)の祖父・巌(麿)とみられる焼死体が河川敷で見つかり、その後の警察の調べで、鈍器のようなもので殴られたのが直接の死因と分かる。ショックを受ける華、そして信じようとしない母・悦子(小沢真珠)。マツ(どんぐり)も巌は簡単には死なないと言うのだが…。

 木曜劇場『ルパンの娘』はフジテレビ系にて毎週木曜22時放送。