9月11日、内閣改造後の記者会見に臨む安倍晋三首相(写真:ロイター/アフロ)


 第4次安倍再改造内閣が9月11日、発足した。メディアは小泉進次郎環境相に釘付けとなっており、話題づくりという意味で一定の成功をおさめた改造人事といえる。

 さて、安倍晋三首相の自民党総裁任期は残り2年となった(2021年9月末まで)。今後、憲法改正に向けた動き、衆院解散のタイミングが政局のポイントとなるが、最大の関心事はやはり「次期首相は誰なのか」に尽きる。

 結論から言えば、次期首相は菅義偉官房長官になる可能性が高い。今回の改造人事でも、菅氏に近い無派閥議員が次々に入閣するなど追い風も吹く。本稿では、菅氏が次期首相に最も近い理由を「中曽根裁定」を参考にしながらシミュレーションしてみる。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

「総理になれるなら何でも呑む」竹下の執念

 1987年(昭和62年)10月20日未明、自民党幹事長の竹下登が次期総裁に内定した。現職首相の中曽根康弘による後継指名だった。今なお謎が多いとされる昭和末期の一大政局劇「中曽根裁定」である。

 ポスト中曽根を争っていたのは、爛縫紂璽蝓璽澄辞瓩噺討个譴3人。竹下、総務会長の安倍晋太郎、蔵相の宮沢喜一だった。常識的には国会議員の投票による総裁選となるはずだが、当時はさまざまな事情で投票回避の動きが活発化、「話し合い」による一本化で総裁を選ぼうとした(総裁選自体は告示されており、3人は立候補を届け出ていたが、最終的に3候補がそろって辞退)。

 しかし、一本化できるはずもなく、「中曽根裁定」に持ち込まれた。ここでは裁定の真相に関してはあえて深入りせず、竹下が指名を得られた理由をみてみよう。

 裁定直前の10月15日。竹下は中曽根と2人きりで会談し、ここで決定的な手応えを得たとされている。要は自分に総裁の座が転んでくることを確信したのだ。

 竹下は中曽根に何を言ったのか。

 政治評論家・鈴木棟一の代表的著作『田中角栄VS竹下登 竹下派結成』(講談社+α文庫)から引用する。

<基数百五十と言われた竹下が、基数百と見られた安倍に優先することは自明だった>

<それに、竹下の中曽根への対応は疑いもなく、安倍のそれより好感の持てるものだった。十月十五日の中曽根首相との会談で、竹下は「人事については、総理のご意向にしたがいます。また私は外交が不得意です。総理の全面的なご指導をいただきたい」>

 注目すべきは、竹下が中曽根の意向に従う姿勢を示している点だ。中曽根の気持ちが竹下に寄るのは自然だろう。しかも、竹下は中曽根の強い願望である「平和戦略研究所」の設置も申し出ている。

 総理になれるのなら、何でも呑む。どんなことでも従う――。

 竹下の執念と言っていい。

「従順でご機嫌を取る」竹下が勝利

 では、ライバルである安倍はどうだったか。安倍は中曽根との会談でこう伝えたという。

<私は外交にいささかの自信がある。外相を三度もやったし、アメリカにも知己が多い。挙党態勢のために私が最適任だ>(前掲書)

 安倍の自負、プライドが中曽根の心証を悪くしたと推測できる。

 もちろん、数で劣勢だった安倍にもチャンスはあった。安倍が宏池会率いる宮沢との連携に舵を切れば、中曽根が安倍を選んだ可能性は高かったし、メディアは安倍の優勢を積極的に報じていた。「中曽根は安倍を指名する」との情報も政財界を駆けめぐった。影響力を残したい中曽根としては、心証よりも権力基盤が安定する方を優先するはずで、繰り返しになるが、最終判断が安倍に傾くこともあり得た。

 ただ、人間の判断は合理性だけではない。後継を自分で選べるという権力者として極めて魅力的な舞台で、中曽根は自らに従順でご機嫌を取る竹下を指名したのだ。

派閥の人数で点検する

 2021年9月に想定されている自民党総裁選に目を移す。もちろん安倍首相が4選を目指して実現させるというシナリオもあり得るが、現在まで本人は「3選まで」と発言しているので、4選は現実的には考えにくい。

 となると、まず注目すべきポイントは、安倍首相の出身派閥で、党内最大派閥の細田派(97人、清和政策研究会)がいったい誰を擁立・支持するのか、だ。これは、すべて安倍首相の意向に委ねられるだろう。空前絶後の長期政権を築いた現職首相が後継者選びに口すら出さない、もしくは、何もしないということは考えにくい。かなりの確率で、誰かを後継指名するはずだ。

 では、安倍首相は誰を後継にするのか。真っ先に検討すべきは当然ながら細田派所属議員になる。細田派には、下村博文選挙対策委員長、萩生田光一文部科学相、西村康稔経済再生相らがひしめいているが、残念ながら総裁候補としては物足りない。

 すると、他派閥の有力候補を担ぐかどうかに焦点が移るが、これは派閥同士の関係の深さが大事になってくるので提携先は限られてくる。かつて田中角栄と大平正芳が盟友関係を結んだように、安倍首相と麻生太郎財務相が手を組み、麻生派(54人、志公会)の総裁候補である河野太郎防衛相を推すことはシミュレーションに入れてもいい。

 ただし、数の上で圧倒的に有利な細田派が、麻生派の候補者を応援するかどうかは微妙なところだ。細田派、麻生派、それぞれが乗りやすい狠羇崚畍補者が必要になる。

 一方、岸田派(46人、宏池会)の領袖・岸田文雄党政調会長は、有力な総裁候補だ。麻生派はもともと岸田派、すなわち宏池会を源流としており、しばしば両派が大同団結した「大宏池会」構想が取り沙汰される。岸田氏が両派の統一候補になることは予測の選択肢に入れるべきだろう。

 しかし、仮に両派が組んでも、数的には細田派をわずかに上回っているにすぎない。また、細田派が、思想的にも派閥力学的にも宏池会に協力するのは容易ではない。

 党内第3派閥の竹下派(53人、平成研究会)は、2人の「準」総裁候補を抱えている。いずれも安倍首相に近い加藤勝信厚生労働相と茂木敏充外相だ。2年後、2人が名実ともに「準」が取れて総裁候補になっていることはあり得るが、細田派、麻生派、岸田派のいずれかが協力するかどうかでみると、疑問符がつく。

 自民党の衆参国会議員数は398人。このうち345人、約87%が派閥に所属している(派閥的要素を持つ「谷垣グループ」含む)ことを踏まえると、派閥の合従連衡がカギになる。当然、合従連衡の中心は細田派である。なお、党員投票は「小泉旋風」級のブームが起きない限り、波乱要素にはならない。

「2年後は安倍裁定」の現実味

 そこで登場するのが、派閥次元的には狠羇崚畭減澆菅義偉官房長官だ。菅氏は、無派閥議員を約30人束ねており、実質的に「菅グループ」を形成しているが、派閥的な動きは避けている。ゆえに、主要派閥が「無派閥」の菅氏を招きいれるような形で担ぐことは理屈的にも可能だ。

第4次安倍再改造内閣で菅官房長官に留任した菅義偉氏(写真:AP/アフロ)


 そもそも、菅氏が総裁選で勝利するということは、どういうことなのか。

 絶大な影響力を持つ安倍首相が後継者として菅氏を指名する。細田派が全力で菅氏を応援し、これに菅氏と関係良好な二階派(45人、志帥会)がつく――というシナリオになる。

 岸田派、竹下派がともに候補者を擁立したとしても、数の論理でいえば、細田・二階・菅グループ連合軍には勝てない(単純計算で172)。大宏池会が実現しても、規模は100人前後であり、大宏池会にさらに竹下派がついても、細田・二階・菅グループ連合軍には数の上ではまだ勝てない。

 とはいえ、細田・二階・菅グループ連合軍に対抗する方法がひとつだけある。

 麻生、岸田、竹下、石破の4派が結束するシナリオだ。この4派が歩調を合わせて、初めて基数は170前後となり、細田・二階・菅グループ連合軍と互角になる。逆に言えば、4派が結束できなければ、細田派に対抗することは難しい。

 そう考えると、結局のところ、最大派閥の細田派の判断こそが肝であり、それを決定するのが安倍首相なのである。すなわち、安倍首相が選ぶ後継者が次期総裁となる。

 これは形も経緯も時代もまったく異なるが、「中曽根裁定」ならぬ「安倍裁定」と言っていいだろう。

 菅氏は安倍首相に従い続けてきた。裏切ったことはない。菅氏はきっと、「ご指導を仰ぎたい」と安倍首相にささやくだろう。菅氏と岸田氏、どちらが安倍首相に従順だろうか。答えは言うまでもない。安倍首相が岸田氏を選ぶとは思えないのだ。派閥力学でみても、困難といわざるを得ないし、心証の面で怪しい。当選同期で、個人的に親しいという安倍首相と岸田氏だが、その関係が決定打になるとは思えない。

 もちろん、先入観や固定観念は禁物だ。

 岸田氏が憲法改正の道筋をつけ、菅氏以上に安倍首相に従順になれば、答えはおのずと違ってくる。さらに、安倍首相が小泉進次郎環境相をこの2年間で徹底的に鍛え上げ、一気に首相の座につけるという「仰天プラン」もあり得る。

 2年後の「安倍裁定」に向けた戦いがすでに始まっている。

筆者:紀尾井 啓孟