愛護センター設立も猫の持ち込みが急増 逆に殺処分が増える「悲劇」

ざっくり言うと

  • 大分市に開設された動物愛護センターに、半年間で1688匹の猫が持ち込まれた
  • 収容能力や譲渡が追い付かないことから、8割が殺処分されているという
  • 助かると思っての持ち込みが激増し、逆に殺処分が増える悲劇となっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング