湘南では充実したプロ生活を送っている。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全4枚)

 2020年に開催される東京五輪。今連載では、本大会での活躍が期待される注目株の生い立ちや夢舞台への想いに迫る。
 
 6回目は、優れた身体能力と豊富なスタミナを活かして、湘南ベルマーレの攻撃的なスタイルの一翼を担う杉岡大暉が登場。
 
 市立船橋高から入団した湘南ではルーキーイヤーでレギュラーを奪取する。プロ2年目の昨季にはルヴァンカップ決勝で豪快なミドルシュートを叩き込み、チームにタイトルをもたらす活躍。そして今季はA代表に初選出されるなど、順調にキャリアを積んでいる。ひたむきにサッカーと向き合う姿勢は、いかにして育まれたのか――。
 
 後編では、大きな影響を受けた者貴裁監督への信頼、コパ・アメリカで得た刺激、今後の代表でのビジョンをお届けする。
 
前編はこちら
【連載・東京2020】杉岡大暉/前編「正直もう戻りたくない高校生活。入学当初に抱えていたコンプレックスは…」
  
中編はこちら

───◆───◆───
 
――新しい可能性を見出してくれた者貴裁監督は、どんな存在?
「湘南の雰囲気を作ったのは者さんだし、本当にすごいです。僕が少しでも周りに遠慮している姿を見せれば叱られる。そういう環境を作ってくれるし、すごく大きな影響を受けました。技術的な部分も厳しく教えてもらいました。いつも満足せずにやってこられたのは者さんのおかげです。なんでしょう。ただのサッカーの監督というだけではなく、本当に先生のような感じです」
 
――神谷優太選手(湘南から愛媛にレンタル中)も「者さんの話は自然と心に入ってくる」と言っていました。
「それは僕も感じます。自分でも気付いていないことを者さんはなぜか気付くんですよね。それで的確に指摘してくれる」
 
――具体的に指摘されたのは?
「できないことを指摘してくれるのは当たり前なんですけど、気持ちよくプレーさせてくれるんです。例えば、あまり自信がなかったプレーをしていると、『お前、自信がなさそうに見えるけど、できてるぞ。あまり気にするな』って声をかけてくれる。者さんにそう言われると、自然と自信が湧いてくるんですよ」
 
――者監督も含めてこれまで指導を受けた監督からかけられた言葉で、もっとも心に残っているものは?
「んー、なんでしょう。どの人もみんな、まず大事にしろと言うのは、人間性の部分でした。そこはすごく大事にして育ててくれたし、サッカーだけやっていればいいという人はひとりもいなかったです。どの指導者もすごく親身になってくれて、そういう巡り合いについても僕は恵まれていたと思います」
 
――者監督からの期待の大きさが表われていたのが、プロ1年目での開幕スタメン。あの時はどんな心境でした?
「湘南に入ってから、ひとつの目標にしていたので、嬉しかったです。そのポジションにはあまり人がいなくて、僕が抜擢を受けたんですよね。そういう運もありました。僕は結構人生を通して運が良いほうなんです」
 
――と言うと?
「市船に入れたのもまず運が良かったことだし、高校の最初に試合に出られたのも、先輩が怪我したからだった。結構そういう意味では恵まれているなと」
 
――ただ巡ってきたチャンスをモノにするのは簡単ではない。そこでチャンスをつかめる要因は?
「とにかく、やることをやって、準備するだけです。準備をしていない段階ではそういうチャンスは来ないし。しっかりと練習して、その時に備えているのが一番の要因かなと」
 
――そういうチャンスが来ると、自分のなかで想定して準備ができているんでしょうね。
「そうだと思います。夢中になってやれているんじゃないんですかね」
 
――しかも昨年のルヴァンカップ決勝では、豪快なゴールを決めて大会MVPになりました。
「ああいうのを取れちゃうのも、ある意味持っているなと。運も実力のうちっていうくらい、大事なことだし、そういうところには感謝しています」

――17年にはJ2優勝を経験して、昨年にはルヴァンカップも優勝。どうですか、プロ生活を振り返って。
「本当に理想的な年月を送っています。多分周りから見てもそうだし、僕自身も思います。J2優勝してJ1昇格して、昨年はタイトルまで取ってしまって、自分でもビックリするくらい良い道を辿れているなって」
 
――他方で、原輝綺選手(現サガン鳥栖)や、高宇洋選手(現レノファ山口FC)、そして湘南で同僚の金子大毅選手も活躍しています。高校時代のチームメイトの活躍も刺激にはなるのでは?
「そうですね。どちらかと言えば高校時代が原のほうが世代別の代表に選ばれることが多かったし、そういう意味で、これまでずっと満足せずにこれたのは、ライバルであり良い仲間がいたからです。恵まれていますよ、僕は」
 
――今でも連絡は取りますか?
「原とは試合が近くなると。高とは結構いろんな話をします」
 
――どんな話をしますか?
「チームの雰囲気やプレーについてですね。結構お互いの試合を見ることがあって、その感想をたまに電話で伝えたり。みんなで切磋琢磨できています」
 
――プロとしての理想は?
「なんですかね。まだハッキリと分からないです。でも今は本当に楽しいですし、充実した日々を送れているのは間違いないです」
 
――コパ・アメリカで初めてA代表に選出された時は、どんな心境でした?
「東京五輪の世代が中心のメンバーでしたけど、A代表はA代表ですから嬉しかったですね。なによりコパ・アメリカという本気の南米と戦える舞台に立てたのは、すごく刺激になりました」
 
 
――やはり違いましたか?
「向こうのホームということで、スタジアムの雰囲気はものすごかったし、誇りをかけて戦ってきた。やはり重圧を感じました」

――プレー面では、どこに凄さを感じた?
「寄せが早いから、イメージがないとボールを持っていられない。守備でも、リアクションでやっていてはいけないなと感じました。駆け引きをしてもっと自分から取りにいかないと、簡単にボールを収められてしまったり、ドリブルで抜かれてしまったりするので」

――ただ、やっていて楽しさもあったのでは?
「そうですね。このレベルなのかと身をもって感じられましたし、何人かいたA代表の常連選手からもすごく学ぶものもありました」

――ポジション的には1列前に中島選手がいました。一緒にプレーしてみてどうでしたか?
「簡単に『上手い』と言ったら、それまでなんですけど、必ず相手を1枚は剥がせるし、やっぱり違いを作れる選手だなと」

――A代表の選手から感じ取ったものは?
「プレーのアベレージがすごく高いんです。できないことが少ない。それに加えて特長を持っている。このレベルにならなければ、A代表で残っていけないんだなと、分かりました」
 
――今、長友佑都選手以降、あまりサイドバックが出てきていない。杉岡選手が候補だという声はすごくあります。
「それは耳にしますけど、僕自身はまだまだだと思っています。でも逆に言えば、そういってもらえるのはチャンスだと思うし、すごくプレッシャーに感じなくもない。やらなきゃいけないなし、期待に応えたい」
 
――来年の東京五輪、そしてその後の代表についてビジョンはありますか?
「五輪代表だけじゃなく、A代表にも選ばれたいというのは、コパ・アメリカにいって、さらに強くなりました。五輪代表で満足していてはいけないという想いが今はあります」
 
――それを実現させるためには、何が必要?
「分かりやすいのは、チームを勝たせるプレー。チームが上位にいかないと呼ばれる可能性は低いですから。個人どうこうよりも、まずチームを勝たせられれば、自然と自分の評価も上がっていく。まずはそこが大事かなと」
 
――チームを勝たせるというのは、具体的には?
「ゴールやアシストといった目に見える結果もそうですけど、僕はそんな攻撃的でもないし、派手な選手ではないので、まずは守備を安定させたり、上下動を繰り返したりして、チームに欠かせない存在になりたい」

――では、今後の意気込みをお願いします。
「まずは来年の東京五輪で結果を残す。注目度の高い大会ですし、なにより自国開催だから負けられない。参加メンバーに入るのは狭き門だと思うけど、そこに出場することがA代表にもつながるし、その先のサッカー人生に大きな影響を及ぼすはずです」

――本当に狭き門ですが、杉岡選手のメンバー入りは固いのでは? 不安はあるのですか?
「もちろんです。今はレギュラーでも、やっぱりその時に旬な選手が大会には出るべきだと思う。なので、その時期になるまで選ばれるという確信は持てない。今、僕らの世代はみんな試合に出ていますし、気は抜けません」

PROFILE
杉岡大暉/すぎおか・だいき/1998年9月8日生まれ、東京都出身。182臓75繊レジスタFC―FC東京U-15深川―市立船橋高―湘南。超エリート校・市立船橋高で研鑽を積み、3年次にはキャプテンを担うと、インターハイで日本一に輝く。湘南でスタートさせたプロキャリアでは、ルーキーイヤーにJ2制覇、翌年にルヴァンカップ優勝を経験。今年6月に開催されたコパ・アメリカでは初めてA代表に選出された。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)