笑顔でナインを出迎える巨人・原辰徳監督(左)

写真拡大

 「DeNA5−8巨人」(12日、横浜スタジアム)

 巨人の原辰徳監督が、ソト対策に危機感を募らせた。

 先発の高橋が二回、バックスクリーン左へ40号ソロを被弾。3発を食らった前日の第5打席に続き、日をまたいでの2打席連発を浴びた。

 ソトには今季リーグで最も多い12被弾。優勝マジック7に減らしたものの、「しかし、よう打たれるね。誇れるものではないよ。戦いは続くしね。かなり打たれた。そういうところは反省」と表情を引き締めた。クライマックスシリーズで戦う可能性もあり、ソト封じは課題にしているようだ。