7回途中、選手交代を告げるヤクルト・小川淳司監督

写真拡大

 「阪神2−12ヤクルト」(12日、甲子園球場)

 ヤクルトが今季11度目の2桁得点で大勝。3カードぶりの勝ち越しを決めた。

 初回に山田哲の適時二塁打、バレンティンの中越え2ランで3点を先制。四回は広岡、塩見の適時打などで一挙5得点を奪って突き放した。八回にも5連打で4点を挙げ、試合を決めた。

 先発の山田大は、七回途中7安打2失点の力投。今季5勝目を挙げた。

 小川監督は、山田大について「よかったんじゃないですか。制球が安定していた。彼はいい時は球数を要さない。それだけ制球がよかった」と称賛。大量点を挙げた打線も「初回は大きかったですね。初回、五回、八回は非常に素晴らしい攻撃をした」と評価した。一方で若手が3失策。「防げるミス。勝ったからいいわけじゃない。ああいうところをしっかりやらないと」と反省を求めた。