象印 IH炊飯器 5.5合 STAN. NW-SA10-BA

写真拡大 (全9枚)

象印 IH炊飯器 5.5合 STAN. NW-SA10-BA

¥34,300 Amazonで見てみる

7年使った炊飯器にガタがきたので、買い換えを考えていました。毎日使うものだからこそ、使う人のことをとことん考えて作られたものがいい。そんな思いを、ものづくりで100年の老舗メーカーとクリエイティブユニット「TENT」コラボが実現してくれたんです。

象印 IH炊飯ジャー 5.5合 STAN. NW-SA10-BA

[caption id="attachment_556666" align="alignnone" width="1184"]象印 NW-SA10 32,000円(税込)[/caption]炊飯器って縦長の楕円で絶妙に置きづらかったり、ボタンがごちゃついているのが苦手だったんですよね……。ところが、TENTが考えた炊飯ジャーはご飯が美味しいのは勿論のこと。形やカラー、機能面に手入れのしやすや、どれも使う人のことを考え尽くしてデザインされた逸品だったんです。下部のブラウンの配色は家の中の木目に馴染みやすく、ボディのブラックは汚れが目立ちにくい仕様になっています。付属品として、便利な自立するしゃもじも付いてきます。さりげないゾウのロゴマークも愛らしいですね

内釜の目盛が変色するからはっきり

お米をセットして水を入れると目盛の色が変化。水位線がより鮮明に見やすくなりました。この工夫は助かるな……。

掃除しやすい蓋とシンプルなパネル

蓋はフラットパネルで、掃除がしやすいので使っていて気持ちが良いです。また、シンプルな操作パネルですが、「クリーニング機能」や30時間美味しく保温してくれる「うるつや保温」は、忙しい毎日を助けてくれそうです。

充実の炊飯機能

4段階でごはん(おかゆ)のかたさを調節できるので、赤ちゃんの成長に合わせた離乳食も簡単に作れちゃいますね。

象印 IH炊飯器 5.5合 STAN. NW-SA10-BA

¥34,300 Amazonで見てみる

炊けました。

象印が誇る「豪熱沸とうIH」は強火で炊き続け、うまみを引き出してくれます。硬さは炊飯の際にふつうを選びました。個人的にはこれまで使っていた炊飯器よりも若干固めに仕上がる気がしていますが、我が家の好みにはぴったりで助かってます。

お手入れもシンプル

使用後に洗うパーツは「内釜」と「内ぶた」の2点だけ!この2点を洗うだけで簡単にお手入れを完了できちゃうんです。外側の蒸気口を外してお手入れする必要はありません。炊飯器は使用頻度が高いので、それだけ汚れやすいもの。STANの特徴の一つである「簡単に清潔さを保てる」って、毎日気持ちよく使い続ける上で最大の機能だな〜と感じました。見た目がドンズバで購入したつもりが、機能面も長く愛せそうなSTANの炊飯器。これからもお掃除しながら、全コースを楽しんでいければと思います。STAN NW-SA10 [象印]

象印 IH炊飯器 5.5合 STAN. NW-SA10-BA

¥34,300 Amazonで見てみる

あわせて読みたい:[blogcard url="https://www.roomie.jp/2019/05/523860/"][blogcard url="https://www.roomie.jp/2018/09/455742/"]