良きパパっぷりを発揮!/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

ベッカム家の娘ハーパー(8)は、「ハリー・ポッター」シリーズの熱狂的なファンなのだとか。そんな愛娘のために父親のデイヴィッド・ベッカムが、レゴブロックでホグワーツ魔法魔術学校を組み立てている涙ぐましい努力が話題となっている。

【写真を見る】愛する娘のためにレゴブロックに奮闘!涙ぐましい努力を見せたデイヴィッド・ベッカム/写真:SPLASH/アフロ

妻のヴィクトリアが、インスタグラムのストーリーで、デイヴィッドがレゴブロックで学校作りに奮闘している様子を捉えた動画を投稿。

ヴィクトリアが撮影していることには気がつかずに、デイヴィッドがステンドグラスの窓など6000ピースで349.99ポンド(約4万6000円)のブロックを、説明書を見ながら真剣な面持ちで組み立てている様子を斜め後ろから捉えており、ヴィクトリアもデイヴィッドの良きパパぶりに感心した模様。実際に、2つの動画からは愛する娘のために一生懸命ブロックを組み立てるデイヴィッドの真剣な様子が見て取れる。

3つ目の動画は、「00:18なのにまだやっている。一日中」という説明付きで、組み立て中のブロックにフォーカスした前からのショットのためデイヴィッドは気がついているかもしれないが、かなり外観が完成していることから、「デイヴィッドは本当にいい父親だと思う」「目に入れても痛くないほどの愛娘のためならなんだってするでしょう」「ハーパーが羨ましい」「デイヴィッドは息子たちにも優しい」「ヴィクトリアは素晴らしい男性と結婚できて羨ましすぎる」「ますますハーパーに愛されるね」「ところで、この日に学校が完成したのか気になる」といった声が寄せられている。(Movie Walker・NY在住/JUNKO)