9R、池山直の顔面を捉え判定勝利する花形冴美(右)

写真拡大

◆プロボクシング 女子ダブル世界戦 ▽IBF女子世界アトム級(46・2キロ以下)タイトルマッチ10回戦 〇王者・花形冴美(判定2―1)同級6位・池山直●(12日、東京・後楽園ホール)

 IBF女子世界アトム級王者・花形冴美(34)=花形=が初防衛に成功した。元WBO女子世界アトム級王者で挑戦者の池山直(49)=フュチュール=に2―1の判定(96―94×2、94―96)で勝利。花形の戦績は16勝(7KO)7敗4分け、王座返り咲きに失敗した池山は10勝(2KO)5敗3分けとなった。

 両者は今回が3度目の対戦。WBO王者時代の池山に花形が2度挑戦し、ともに1―1のドローだった。完全決着をつける一戦は序盤から打撃戦の様相。互いに額をくっつけて打ち合うなど、終盤まで激しくパンチを交換し、花形がわずかに上回った。