10月11日(金)公開の映画『空の青さを知る人よ』が世界三大ファンタスティック映画祭の一つである、「シッチェス・カタロニア国際映画祭」に2つのセクションでノミネートされる。

本作は、「大人も泣ける感動アニメ」の金字塔として、多くのファンに支持された『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』で知られるアニメーション監督・長井龍雪の最新作。高校卒業後ミュージシャンとしての成功を夢見て上京するも売れず、地元の友人たちとも音信不通のギタリスト・金室慎之介と、13年前からやって来た18歳の慎之介・通称“しんの”役に吉沢亮。さらに、吉沢演じる金室慎之介のかつての恋人である、相生あかね役に吉岡里帆。あかねと2人で暮らす高校生の妹・相生あおい役に若山詩音。慎之介がバックミュージシャンをつとめる大物演歌歌手・新渡戸団吉役に松平健が声をあてる他、落合福嗣、大地葉、種粼敦美らが参加する。

この歴史と名誉あるシッチェス・カタロニア国際映画祭でのノミネートが発表されたのは、アニマット部門(アニメーション部門)とオフィシャルファンタスティック・コンペティション部門の2部門。アニマット部門では、2004年には『ハウルの動く城』、2016年には『君の名は。』、2018年には『未来のミライ』など、日本が誇る大ヒットアニメーションが過去にノミネートされた実績がある他、実写作品が数多く出品され、本映画祭のグランプリを選出する主要コンペティション部門である、オフィシャルファンタスティック・コンペティション部門でもノミネートされた。

長井龍雪監督 コメント

この度、「シッチェス・カタロニア国際映画祭」にて2つのセクションでノミネートされたと聞いた時は驚きましたが、とても光栄に思いました。秩父を舞台に岡田さん・田中さんと再び映画を作らせていただきましたが、こうして続けてこられたのも応援してくださった皆さまのおかげです。本作は、せつなくて、ちょっと不思議な“二度目の初恋”の物語です。今の僕たちの最高傑作になっていると思っています。世界中の多くの方が『空の青さを知る人よ』を観て楽しんでくださったら嬉しいです。

映画『空の青さを知る人よ』は10月11日(金)より全国東宝系にて公開

(C)2019 SORAAO PROJECT

映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド