最新の上映システムで「ガンダム」の世界を堪能しよう!/[c]創通・サンライズ

写真拡大

今年、テレビアニメの放送開始から40周年という節目の年を迎えている「機動戦士ガンダム」。様々なイベントが実施されている中、新たにシリーズ劇場作品を中心とした上映企画『ガンダム映像新体験TOUR』が、9月13日(金)より開催される。

【写真を見る】劇場版三部作など「ガンダム」全7作品を上映!/[c]創通・サンライズ

この企画は「ガンダム40周年プロジェクト」の一つであり「4DX」「ULTIRA」「DOLBY CINEMA」といった最新のシステムで、劇場版を中心とした過去作を上映するというもの。通常の上映形式では得ることのできない“アトラクション体感”“鮮明な映像と立体音響”“最大限に引き立つ臨場感”と、特殊効果と音響・映像技術によって、これまでとは一味違った楽しみ方でガンダムを“初体験”することができる。

9月13日〜9月26日(木)にかけての『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(88)、『機動戦士ガンダムNT』(18)の4DX上映を皮切りにスタートし、『逆襲のシャア』は9月16日(月)、『ガンダムNT』は9月22日(日)にそれぞれユナイテッド・シネマとしまえんにて、作品関係者や有識者による舞台挨拶も行われる。

9月27日(金)からは、ULTIRAでの上映もスタート。9月27日〜10月3日(木)に劇場版『機動戦士ガンダム』(81)、10月11日(金)〜10月17日(木)に劇場版『機動戦士ガンダムII 哀・戦士』(81)、10月18日(金)〜10月24日(木)に劇場版『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙』(82)と、劇場版三部作を入れ替わりで上映。

10月25日(金)〜11月7日(木)には、2002年放送の「機動戦士ガンダムSEED」全50話を3部作で総集編にしたスペシャルエディション第1作目を、16:9&HDサイズでの再撮影、再編集、既存カットの新規作画、再ダビングなどを施してHDリマスター化した「機動戦士ガンダムSEED スペシャルエディション 虚空の戦場 HDリマスター」を日本初上映。そして11月8日(金)〜11月21日(木)には劇場版『機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』(10)も上映され、全5作品を大迫力の映像で楽しめる。

また劇場版三部作は、2020年の初春よりDOLBY CINEMAでも順次公開予定。ガンダムの大スペクタクルな世界を心置きなく体験できるこれらの上映企画。ファンならば見逃す手はないぞ!(Movie Walker・文/トライワークス)