良血馬のスイープセレリタス

写真拡大

【ローズS(日曜=15日、阪神芝外1800メートル=3着までに秋華賞優先出走権)血統調査】昇級初戦、しかも約3か月ぶりの休み明けとなった月岡温泉特別を強い競馬で勝ち上がったスイープセレリタス。名門トウショウ牧場最強の牝馬スイープトウショウを母に持つ良血馬が、ようやく軌道に乗ってきた。

 スイープトウショウ(父エンドスウィープ)は強烈な末脚を武器に、牝馬3冠戦線の主役を張った。桜花賞は5着、オークスは惜しくも2着に終わったものの、3冠最後の秋華賞を制して初のGIタイトルを手にした。

 4歳時には宝塚記念、エリザベス女王杯とGIを2勝し、安田記念でも2着に好走。この年の最優秀4歳以上牝馬に選ばれた。繁殖入りしてからはアグネスタキオン、ディープスカイ、ディープインパクト、ステイゴールド、オルフェーヴルなどが種付けされてきたが、タイランドカップなど現2勝のディープインパクト産駒のスイーズドリームスが目立つ程度。3勝したのはスイープセレリタスが初めてになる。

 祖母タバサトウショウ(父ダンシングブレーヴ)は1勝。産駒に関越S、BSN賞に勝ったトウショウフリークがいる。曽祖母サマンサトウショウは新潟大賞典を勝ったトウショウバルカンの半姉で、エプソムCなど7勝を挙げ、マイルCSで3着となった。直子から関屋記念3着のトウショウノアを出したほか、孫にはファルコンS勝ち馬のトウショウドラフタが出る。

 スイープセレリタスの父は晩成型のハーツクライだけに今後の成長が楽しみだ。ちなみにスイープトウショウが宝塚記念を勝った時の2着馬がハーツクライ。ロマンあふれる配合でもある。