ブラッド・ピットが『アド・アストラ』を引っさげて来日

写真拡大

ブラッド・ピット主演、製作の本格スペースアドベンチャー大作『アド・アストラ』(9月20日公開)の来日記者会見が、9月12日に日本科学未来館で開催され、来日したブラッド・ピットと、特別ゲストとして日本科学未来館館長で宇宙飛行士の毛利衛、一般社団法人Space Port Japan代表理事で宇宙飛行士の山崎直子が登壇した。

【写真を見る】満面の笑みのブラピに胸キュン!

一部で近い将来の俳優引退がささやかれていたブラッドだが「僕はいままでどおり、心惹かれるプロジェクトには参加していくつもりだ。プロデュースもやるし、俳優業も続けていくよ」と笑顔で語った。

本作でブラッドが演じるのは、英雄だった父親(トミー・リー・ジョーンズ)の影響を受け、エリート宇宙飛行士となった主人公のロイ。彼はある時、陸軍幹部から「君の父親は生きている」という衝撃の事実を知らされる。

本作のプロデューサーも兼ねているブラッドは「毎日が挑戦だった」と振り返る。「制作過程では、失敗したり、間違ったりしたこともあった。僕は、昼間が俳優、朝と夜がプロデューサーという分け方でやっていた。撮影後も、音楽や編集、すべてに関わることになるから、まるでルービックキューブをやっているような感覚だよ」。

また、初の宇宙飛行士役について「重い宇宙服を着て、まるでピーターパンのようにワイヤーでつるされたのが大変だった」と激白。「トレーニングでは、ぐるぐる回されたり、上へ上げられたり、下に下げられたりと、どこまで吐かずに絶えられるかのテストをされたよ」。

続いて、毛利と山崎が登場すると、ブラッドは2人を見て「本物だ!」と大興奮し、熱い握手を交わす。

毛利はブラッドの演技について「演じる表情が非常に繊細で、本物以上に思えました。やはりすごい俳優だなと驚かされました」と絶賛する。

山崎も本作について「ブラッドさんたちが細部に魂をこめた賜物」と激賞したあと「私も実際に宇宙に行く時、家族や子どもを残して行くので、家族に心配をかけている立場から言うと、心をえぐられる映画でした。だからこそ、深い映画だと思いました」としみじみ語った。

ブラッドは終始笑顔で2人のコメントに聞き入り、2人に宇宙から見た地球の感想などを逆質問したりして、会場を大いに盛り上げた。(Movie Walker・取材・文/山崎 伸子)