【セントライト記念(月曜=16日、中山芝外2200メートル=3着までに菊花賞優先出走権)注目馬12日最終追い切り:美浦】ランフォザローゼスは南ウッドでレッドサイオン、ルヴォルグを先導し、直線は3頭併せの外。最後まで余力十分のまま馬体を並べた(5ハロン73・0―41・9―12・3秒)。

 藤沢和調教師「札幌記念(14着)は放牧明けで馬がボーッとしていたし、道中でゴチャつく場面も。稽古の動きはいいし、力的にも通用する」