もうすぐ23歳!横浜流星(写真中央)

写真拡大

 俳優の横浜流星が12日、都内で行われた映画『いなくなれ、群青』大ヒット御礼舞台あいさつに出席、もうすぐやってくる23歳の誕生日をファンや登壇者たちから祝福された。この日は共演者の松岡広大、菅原大樹プロデューサー、柳明菜監督も来場した。

 シリーズ累計100万部を突破した河野裕の同名小説を実写映画化した本作。「不幸じゃなければ、幸福だと言い張ることだってできる」と考える悲観的な青年・七草(横浜)と、七草の幼なじみ・真辺由宇(飯豊まりえ)が、捨てられた人たちがやってくる島・階段島に隠された謎を解き明かそうとする姿を描く。

 公開後ということで、この日のトークは「これまでネタバレを気にして言えなかったこと」がテーマに。劇中では横浜がメロンパンを食べるシーンがあったが、このシーンについて菅原プロデューサーと柳監督とで意見が分かれたという。

 というのも、同シーンで食べた後の横浜の口に何かがついていたそうで、「俺はあの箇所は消してくれと言ったんですよ」と菅原プロデューサーが振り返る。しかし、柳監督はその意見を拒否したといい、「これは絶対にかわいいです。メロンパンを食べているだけで素敵じゃないですか。それがいい感じですよね」と力説する柳監督の意見に、会場からは感謝の拍手が送られた。

 さらに、9月16日は横浜の23歳の誕生日ということで、サプライズでバースデーケーキが登場。会場には祝福の歓声が鳴り響いた。23歳の抱負を求められた横浜は、「本当にまだまだ未熟者なので、変わらずいろんな作品と役に挑戦して、しっかりと実力をつけたいなと。まだ勉強していかないといけないことが多いので(本作に登場する)階段島の階段を一歩ずつ登っていきたいなと思います」と意気込みを語った。

 そして最後に横浜は「素敵なケーキもありがとうございます」とあらためてお礼を述べつつ、「今日は僕のとっておきの話はできなかったですが、それはまた後日ということで楽しみにしてください」とちゃめっ気たっぷりにあいさつ。「公開から約1週間くらいたちましたが、本当に素敵な作品だと思っていますんで、一人でも多くの方に観ていただきたいと思っています。それぞれに感じたことをSNSで拡散していただいて。広げていただけたらうれしいです」と呼びかけた。(取材・文:壬生智裕)

映画『いなくなれ、群青』は全国公開中