マドリーの会長ペレス

写真拡大

『AS』紙によると、レアル・マドリーの会長フロレンティーノ・ペレスがサポーター達の脈を取るために、総会を前にレヴァンドフスキやポグパを獲得しなかった理由や、エムバペへの関心について語ったという。

同紙はペレス会長のコメントを以下のように報じている。

「我々はレヴァンドフスキの獲得を何年も狙っているが、バイエルンは売却しない。ポグバの場合もそれと同じである」

また、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するエムバペの獲得に関しても言及し、
「我々がこのフランス人を求めていることは明確であるし、彼を獲得しにいきたい...だがPSGは彼を放さないだろう」と語った。

メッシ、久保、香川 出場予定試合をお届け!ラ・リーガ&ラ・リーガ2部もWOWOWで放送・配信!
<<<詳細・放送スケジュールはこちら>>>