埼玉県ラグビーフットボール協会は12日、経理担当だった元パート職員の女性(51)が、協会の資金約900万円を着服したとして、業務上横領容疑で県警に刑事告訴したと発表した。

 協会によると、女性は2017年夏ごろから、トップリーグの試合のチケット売上金などを勝手に協会の口座から引き出し、生活費などに充てていた。女性は今年1月に退職し、その後の調査に着服を認めたという。