路上で自衛官死亡 引きずられた跡も ひき逃げか

写真拡大

 12日未明、茨城県古河市の路上で25歳の男性陸上自衛官が血を流して死亡しているのが見つかりました。警察はひき逃げ事件として捜査しています。

 午前2時ごろ、古河市上辺見の住宅街で「人が倒れている」と近所に住む女性から通報がありました。警察によりますと、倒れていたのは陸上自衛隊の市村英典3等陸曹で、その場で死亡が確認されました。市村さんの体や地面には引きずられたような跡があり、車にひかれた可能性が高いということです。警察は周辺への聞き込みや防犯カメラの映像を解析するなどして、死亡ひき逃げ事件として捜査しています。