中井貴一が「TOKIOカケル」に出演した/※2015年撮影

写真拡大

9月11日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系) に中井貴一、濱田龍臣が登場。“女性の扱い”について異なる対応を見せた。

【写真を見る】すっかり大人になった濱田龍臣

国分太一は2人に対し、「4対4の合コン、誰を呼ぶ?」という質問を。国分はどういう人選をするかが気になるという。

考えた濱田が萩原利久、前田旺志郎、鈴木仁の名前を挙げると、松岡昌宏は「みんなカッコイイんじゃない」と指摘し、国分は「みんなレベル高いし、ライバルになっちゃうよ。一人ぐらいブサイク入れておいた方がいいんじゃない?」とアドバイスする。

一方、中井は「あんまり芸能界の人とつるまないので、職種を分けたいと思う」と発言し、医者、弁護士、会社社長を挙げる。これに松岡は「大人のやらしさが見えますよ」と注意。

すると中井は開き直って「やらしいもん! (そもそも)合コンがやらしいだろう!」と反撃する。

そこで国分がなぜその人選なのかを問うと、中井は「会話が一色になるのが面白くない」と理由を語り、逆に芸能人を集める方がやらしくなると懸念。

だが、TOKIOがそう言いながら医者、弁護士、会社社長の人選はどうなのかとツッコミを入れるため、中井は三谷幸喜、佐藤浩市、濱田龍臣のメンバーにして「どれだけ女子が濱田に行くのか」を検証すると言い出す。

しかしそれでも国分が「でも本当は医者、弁護士…」と蒸し返し、中井は「太一! 言うんじゃない」と声をあげた。

さらに2人は街の女性からの男性に対する疑問にも回答。「彼氏が間違って自分を元カノの名前で呼んだ時、怒るのと、聞き流すのとどっちが正解か」という質問に、中井は聞き流す、濱田は怒ると回答が分かれる。

中井は「怒られても間違っちゃったんだもん」と言うが、濱田は「しっかりとごめんと謝るべき」と真面目な態度を見せる。

すると中井は「おまえな、これからいろいろ人生を歩んでいくとな、そういう潔さだけで生きていけないって分かる」と諭すが、松岡が「いやいや、分からないぞ龍臣、もっとポジティブな先輩がいるかもしれない」と反論。中井はそんな松岡に「おまえもあんまり言わない方がいい」と諭した。

SNSでは「中井貴一さん面白くてステキ」「濱田龍臣くんめちゃカッコよくなったね!」「貴一さんとTOKIOの関係いいわ〜! 会話が面白い」などの声が上がっていた。

次回の「TOKIOカケル」は9月18日(水)夜11時より放送予定。ゲストに博多華丸・大吉が登場する。(ザテレビジョン)