東名“あおりエアガン” 事件後ナンバーに細工か?

写真拡大

 愛知県内の東名高速で黒い車に乗った男があおり運転をしたうえ、エアガンのようなものを発射した事件で、警察は器物損壊の疑いで40代の男の逮捕状を取って行方を追っています。

 警察によりますと、8日午前7時ごろ、東名高速上りの日進ジャンクション付近で黒い車が前を走る車にあおり運転を繰り返したうえ、運転手の男がエアガンのようなものを発射しました。被害に遭った車には複数の傷が残されていました。その後の捜査で、関西地方に住む40代の男が関与した疑いが強まったとして、警察が器物損壊の疑いで男の逮捕状を取ったことが捜査関係者への取材で新たに分かりました。さらに、男が乗っていたのは盗難車で、車が発見された時にはナンバープレートの一部が貼り替えられるなどの細工がされていたということです。男は今も逃走していて、警察が行方を追っています。