石田ひかり

写真拡大

 今週頭に首都圏で猛威を振るった台風15号の影響が千葉県を中心に続いている。猛暑も続く中、いまだ停電・断水が続いている地域もあるが、テレビメディアがこの惨状を大きく報じないことにも、被災者から批判が集まっている。

 そんな中、多くの芸能人がSNSを通じ、千葉の現状を発信しているとして、注目を集めている。

 菜々緒は11日、ファンからの「千葉南部エリアの情報を拡散して」という要望に応える形でツイッターを更新。ファンからのメッセージをスクリーンショットしつつ、「どうして報道されるべきニュースが報道されない…?」と疑問を呈しつつ、「千葉南部の皆さんがこの暑さでずっと電気がないなんて熱中症大丈夫だろうか? まだ停電は続いてますか?』と呼びかけていた。

 また、木下優樹菜も、千葉のファンからインスタグラムのDMでSOSが来たことを明かし、「この暑さの中、停電していて わたしは東京で普通に過ごせてる事が申し訳なくなる」「千葉の方々がはやく普通に過ごせるように、電気をとおしてください」とコメント。「どうか 一日でもはやく、普通の生活に戻れますよう、願いを込めて、発信させていただきました」とつづった。

 さらに、先月の佐賀豪雨でボランティアにも行っていた紗栄子も、ファンとのやり取りの中で千葉の現状を知ったといい、12日にインスタグラムで、「とにかく暑くて、雨が降れば窓も開けられず、洗濯も出来ず、下着や洋服が足りなかったりと、未だ大変過酷な状況下に置かれているかたがたくさんいらっしゃるみたいです」とファンから送られてきたという写真もアップ。「隣の東京では普通の日常が戻っていて、千葉の状況があまり報じられていないことにとても違和感を感じます」と報道にも異を唱え、「個人で出来ることは微々たる力ですが、私も自分にできることを探して動きたいと思います」とし、自身のインスタのコメント欄を情報交換の場として提供するとしていた。

 そんな中、もっとも称賛を集めたのは、女優の石田ひかりだった。

 「石田は11日にインスタグラムを更新し、『千葉県安房郡鋸南町向かいます』と被災地に向かうことを宣言。その後、個人的に購入したと思われる水や塩タブレット、おむつなどを自家用車に積み、避難所へ物資を届けたことを明かしました。石田は千葉県南部の鋸南町の現状をリポートしつつ、今後被災地へ入る人へのおすすめの支援物資も詳しく記載。石田のインスタグラムには、『ひかりさんが動いてくれたおかげで注目もより集まり、復旧も進むと思います』『ひかりさんのおかげで惨状を知ることができました』『支援ありがとうございます』など、さまざまな声が寄せられていました」(芸能ライター)

 個人の力は小さいとはいえ、芸能人が発信すればより注目度が集まるもの。SNSで呼びかけた芸能人たちには、多くの称賛が集まっていた。

記事内の引用について
菜々緒公式ツイッターより https://twitter.com/NANAO1028
木下優樹菜公式インスタグラムより https://www.Instagram.com/yuuukiiinaaa
紗栄子公式インスタグラムより https://www.instagram.com/saekoofficial
石田ひかり公式インスタグラムより https://www.instagram.com/hikaringo0525/