「この勝ちが自分を安心させてくれました」

 9月8日に行なわれた空手のプレミアリーグ東京大会。組手女子の最重量級となる68キロ超級を制した植草歩(うえくさ・あゆみ/JAL)は、決勝戦の後でほっとしたように話した。


女子の組手68キロ超級を制した植草

 決勝の植草は強かった。今年から、試合時間が2分から男子と同じ3分に延びたが、その序盤から突きが冴えてリードを奪う。相手につけいるスキを与えず、なす術のない相手にさらに攻撃を重ねてポイント差を広げた。結果は5−0。組手女子のエースの活躍に、3階席まで埋まった日本武道館は大いに沸いた。

 復活を懸けて挑んだ大会だった。2016年に世界選手権を制した植草だが、近年は絶対的な強さが薄れていた。昨年の世界選手権は決勝で屈し、今年1月のプレミアリーグ・パリ大会こそ制したものの、同2月のプレミアリーグ・ドバイ大会では3回戦で敗れた。それ以降は大会出場を4カ月ほど控えて「進化させる時間」にあて、強さを取り戻すための鍛錬に励んだ。

 満を持して臨んだ7月のアジア選手権。万全の準備をして、自信も持ち、圧倒的な強さを見せて優勝しようと意気込んでいた。しかし、である。初戦となった2回戦で判定の末に敗退した。

「私がやってきたことは何だったんだろう、とすごく悩んだ。このまま弱くなっていってしまったらどうしよう……」

 狙いを定めた大会でひとつも勝てなかったという現実に、いつも明るく、前向きな植草もそこまで思い詰めたという。

 指導を受けるコーチ、トレーナー、栄養士……。支えてくれる人々のことを植草は「チームアユミ」と呼ぶ。アジア選手権での敗北からプレミアリーグ東京大会までの約1カ月半、チームアユミの中で徹底的に話し合った。それまでは”元世界女王”のプライドが邪魔をして、どこか本音をさらせない自分がいたが、負けたことで変わったという。

「アジアで負けて本当に苦しい、と。わがままになるかもしれないけど、自分の弱さも、違うと思う部分も全部話して、『みんなで五輪に行こう』と伝えました」

 とくに、日本代表の本間絵美子コーチとのコミュニケーションが増えたという。そのことで取り組むべき方向性が明確になり、出した答えは「雑にならないように。ひとつひとつ相手のミスを拾う」だった。

 もともと、中段突きを中心にした攻撃力は折り紙つき。しかし、それに頼りすぎて防御や技が雑になっていた。アジアでの敗北後、攻撃時のモーションが大きくなって相手からカウンターを食らう「雑さ」をなくすことを課題にして取り組んだ。そしてもうひとつ。得意の中段突きが警戒されるのを見越して、上段突きの練習を重ねた。

 その成果が表れたのが、プレミアリーグ東京大会の準決勝だった。相手は昨年の世界選手権決勝で屈した、エレニ・ハジリアドゥ(ギリシャ)。実力伯仲の一戦は、終盤までお互い無得点というしびれた展開に。そして、試合時間残り12秒。ハジリアドゥが我慢しきれず、強引に攻め込んできたところに磨いてきた上段突きを華麗に決めた。

 久しぶりに表彰台の中央に立った植草は力強く言った。

「私のチームも間違っていないし、私のやっていることも間違っていなかった」

 自信を取り戻した元世界女王は、「来年は金メダルを取ります」という目標を叶えるため、東京五輪まで走り続ける。

 もうひとり、劇的な復活を遂げた選手がいる。組手男子84キロ級の荒賀龍太郎(あらが・りゅうたろう/荒賀道場)だ。


男子の組手84キロ級を制した荒賀

 暗いトンネルは、植草のそれよりも長かった。2連覇がかかった昨年の世界選手権は1勝もできずに終わり、今年の国際大会でも優勝はひとつもなかった。日本代表の主将という重責も背負う男は、苦しんだ時期をこう振り返る。

「しんどかった。でも、しんどい時期があって当たり前やと思う。そこで終わってしまうのか、また勝っていくことができるのか、自分が試されていると感じていた。耐えながら、もがき苦しんでやっていこうと思っていました」

 なかなか勝てない原因はわかっていた。持ち味である、「まばたきをしている間に突かれている」とも評される抜群のスピードを生かした攻撃力を相手に警戒され、自分の間合いに相手が入ってこない。我慢できずに不用意に攻撃したところで、カウンターを喫してしまう。これが繰り返されていた。

「いかに相手に攻撃させるか」が課題だった。間合いを詰めてコーナーに追い込み、攻撃せざるを得ない状況に追い込む。相手が出てきたところに、突きを見舞う――。この理想型を体現したのが準々決勝。2―1で欧州王者を退けた一戦は、いずれの得点もカウンターで放った突きで奪ったものだった。

 そして決勝では、さらに完璧な試合運びをして見せた。序盤は相手の攻撃を受けたが、的確な防御で受け流す。1―1で迎えた終盤、攻め込んできた相手に「スピードを信じて飛び込んだ」と左の上段突きを見舞って勝負あり。結果的に相手の反則が累積したことによる勝利になったが、内容を見ても完勝だった。

 約1年ぶりとなる国際大会での優勝。試合後、それを記者に問われると「1年ですか……。長かったですね」と大きく息ついた。東京五輪代表争いで頭ひとつ抜け出したが、まだ出場決定までのレースは続く。

「ひとつずつ結果を出して、五輪の舞台への切符をしっかりとつかみ取りたい」

 金メダルと共に再び手にした自信は、大きな武器になるはずだ。