ノルウェーの神童ウーデゴール

写真拡大

レアル・マドリーは、当時のノルウェーの神童の獲得を望むヨーロッパのクラブ達との争いを制し、2015年の1月22日にマルティン・ウーデゴールを獲得している。


同選手は当時15歳であったが、母国のアデコリーガエンで最年少デビューを飾り、ノルウェー代表でも最年少デビューを果たした選手として注目を集めていた。


さらに彼はレアル・マドリーでも最年少でリーガデビューを果たしている。17歳と111日のリベラの記録を塗り替え、16歳と157日でトップチームデビューを飾っている。

マドリーはウーデゴールが所属していたストレームスゴトセトに370万ユーロ(4億4,000万円)を支払い、彼を獲得している。

さらに『Football Leaks』が発見した情報によると、彼の父親を説得するためにさらに300万ユーロ(3億5,000万円)の特別手当を支払っていたようだ。
こうして父親のハンズ・エリック・ウーデゴールは、彼の息子をスペイン移籍させる援助をしたようである。

ウーデゴールの父親は彼の息子も過去に所属していたストレームスゴトセトのMFとしてプレーしていた元サッカー選手である。

その後指導者となり、2015年からはレアル・マドリーのカンテラで指導をしている。
息子のマルティンが2011年にストレームスゴトセトに移籍するまでにプレーしていたドランメン・ストロングでも息子を指導している。

ウーデゴールは13歳にして、ドランメン・ストロングのトップチームの練習に参加するまで成長を遂げていた。

移籍後は、2017年1月にレンタルでオランダのヘーレンフェーンに移籍している。その後の昨シーズンはフィテッセで最も輝きを放ったプレーを見せ、現在は再びレンタル移籍でレアル・ソシエダに加入している。

メッシ、久保、香川 出場予定試合をお届け!ラ・リーガ&ラ・リーガ2部もWOWOWで放送・配信!
<<<詳細・放送スケジュールはこちら>>>