一気にムリになりました…。男性が理解できない「女性のNG趣味」4つ

写真拡大

理解できない男性の趣味ってありますよね。どうしてそんなことに夢中になっているの?と思う趣味があるはず。男性だって、女性の趣味が理解できない、彼女なら無理と思っているものがあります。そこで今回は、男性が理解できない「女性のNG趣味」を4つ紹介していきます。

(1)アイドルの追っかけ

『夢中になり過ぎてて、自分が二の次なのが嫌なんだと思う』(28歳/人事) 熱狂的に追いかけていることに、理解に苦しむよう。せっかくの休日も遠方まで出かけ、デートは後回し…… たくさんのグッズを買うことにも、理解ができないという男性は多いみたい。他の異性に夢中になっていることが、男性としては嫌なところかもしれませんね。

(2)演劇

『分からない世界だから、誘われても困る』(25歳/商社) ミュージカルや宝塚などにハマっている女性は多いですよね。しかし、独特な世界観なだけに理解できない男性もいるみたい。 自分だけが楽しむなら良いですが、一緒に行こうと言われると困るもの。趣味を2人で共有できないことが、苦手な部分かもしれません。

(3)ジム通い

『自分より腹筋割れてたりしたら、ちょっと引くかな』(27歳/サービス) 健康維持や体力作りのためにジム通いをすることは、悪くありません。しかし、ジム通いが趣味になると話は違ってくるもの。 女性らしい丸みを帯びたスタイルが好きという男性が多いので、バキバキに鍛えた体は好みではないみたい。もちろん、ストイックに鍛えている女性が好きという男性もいるので、同じ趣味の男性を見つけるといいかも。

(4)SNS投稿

『インスタアップするからって、すぐに食事させてくれないとか勘弁』(30歳/アパレル) SNSへの投稿を趣味にしている女性も、最近では多いですよね。インスタ映えする食べ物や場所を追い求めて、写真を撮ることが目的になっているもの。 一緒に食事をしていても、デートに行っても、映えをメインに考えられると男性はデートを楽しめません。女友達や1人で楽しむなら良いですが、デート中は控えたほうが無難。 自分が楽しめる趣味があることは、生活に潤いができ良いことです。しかし、男性から敬遠されがちな趣味があることも事実。趣味を理解してくれる男性とめぐり合えたら幸せですね。(恋愛jp編集部)