観光やショッピングも楽しいけれど、旅の醍醐味といえばやっぱり、食事ですよね。

ラスベガスは、有名シェフが手がけるレストランをはじめ、バフェ(ビュッフェ)やカジュアルなお店も集まる「美食の街」でもあるんです。でも、初めて行く場所なのに選択肢が多すぎるのは困っちゃいますよね。言葉も文化も違う中で、予約をしてドレスコードの有無を気にしつつ、スマートに食事を楽しむなんてちょっとハードル高め……。

そこで今回は、オススメのフーディーツアーと、Y子が気に入ったお店を紹介します。

ガイドと一緒にダウンタウンのグルメスポット巡り

今回の集合場所。簡単なオリエンテーションのあとツアーがスタート。

絶対失敗したくないなら、ガイドオススメの飲食店を回ることができる「Lip Smacking Foodie Tours(リップスマッキングフーディーツアー)」がイチオシ。今回私たちは、「ダウンタウン リップスマッキングツアー」に参加2時間半ほどの時間をかけてダウンタウンにある4軒のレストランやバーを回る食のツアーです。

・地元を知り尽くしたガイドが選ぶイチオシのお店に行ける
・メニューが読めなくても、ちゃんと名物料理を味わえる
・すべてのレストランで席が確保されているので、並ばずに済む
・税とチップは参加料に含まれているので、計算に困らない

など、ツアーにはメリットがたくさん。それでは実際に巡ったお店を紹介していきましょう。

CARSON KITCHEN

人気口コミサイト”YELP”でも高評価なお店なんだとか/LIPSMACKING foodie tours

最初に案内されたのは、「CARSON KITCHEN(カーソンキッチン)」。ここは、モーテルだった建物を再建してできた場所だそう。

各レストランでは3から4つの特製料理が提供されます。ここでは、仔牛のミートボールやデビルズエッグなど数種類の定番料理を少量ずついただきました。

仔牛のミートボールは、今まで食べたことのない味わいで、ちょっと舌が驚きましたが、こんな挑戦ができるのもフーディーツアーならでは。

Therapy

お店の雰囲気だけでなく料理もオシャレ!/LIPSMACKING foodie tours

2軒目に案内された「Therapy(セラピー)」は、99セントストアだった場所を改装したレストラン。1軒目もそうでしたが、そのお店の成り立ちが聞けるのが面白いです。

チキンのミートボールや、チキンを赤いワッフルに挟んだものなど、ここでも定番メニューをいただきました。少量とはいえ、バラエティに富んだメニューがいいタイミングで出てくるので、満足感がすごい。あと2軒もあるなんて!

INSPIRE

人気のモスコミュール

と、胃袋が心配になってきたところで、カクテルタイム。3軒目は、バー「INSPIRE」へ。ルーフトップバーから、ダウンタウンの街を見下ろします。

ベストショットを狙って、ずっと見ていられそう。

美しいネオンサインに、お店の自慢のモスコミュール。大人でよかった……としみじみ。

食べるだけではなく、移動中に街についても紹介してくれるのがこのツアーのポイント。INSPIREを出たあとは、「コンテナパーク」へ。かなり満腹だったので、お散歩を挟んでくれるの本当に助かる……。

突然の熱風に思わず「あつ…」とすのリアクション。

コンテナパークでは、ちょうどシンボルのカマキリのオブジェが火を吹いてビックリ。はい、火が出てますよーという程度ではなく、ボーーーーンッ!!!! ボボボボ、ボーーーーンッ!!!! とダイナミックに音楽に合わせて火を噴くカマキリ。スケールが違いすぎるぜ、ラスベガス。

この迫力!

7th & Carson

LIPSMACKING foodie tours

そして最後に案内されたのが「7th & Carson」です。大きなパンや、オープンサンドをみんなでシェア。初めは距離のあった他の参加者とも、だんだん仲良くなるから不思議。私たちと同じように他の国からの旅行者だったり、地元の人が友人を案内するために申し込んだりといろんな人がこのフーディーツアーを楽しんでいました。

一期一会のメンバーと楽しくて美味しい時間をシェアできるの最高すぎる。

ダウンタウンの名所「フリーモントストリート・エクスペリエンス」

ストリップの発展にともない、これまで押されぎみだったダウンタウンではありましたが、近年ではダウンタウンの再活性化にも力が入れられているようです。リップスマッキングフーディーツアーでダウンタウンを回るのもその目的があるのだとか。

あちこちで建物の壁に描かれたストリートアートを発見!

ラスベガスを訪れたらぜひこのツアーを体験してほしいです。

ダウンタウン以外のツアーも選択できる/LIPSMACKING foodie tours

Lip Smacking Foodie Tours:https://vegasfoodietour.com

話題の朝食を「eggslut」で

さて、ここからはツアーではなく個人で行ったお店を紹介します。

Erik Kabik

まずは、第2回で紹介したクリークバーも入っているコスモポリタン内にある、「eggslut(エッグスラット)」。

朝食に軽く食べるのにちょうどいいサイズ感/Erik Kabik

ロサンゼルス発の卵を使ったメニューが人気のお店。マッシュポテトと半熟卵をガラス瓶に詰めた、看板メニューの「スラット」をいただきました。ふわふわの食感とシンプルで素朴な味わいに癒されます。”LAセレブにも愛される朝食”として名高いこのお店。なんと2019年9月13日に日本上陸を果たすそうなので、今からぜひチェックを!

Eggslut:https://www.cosmopolitanlasvegas.com/restaurants/eggslut

楽しい創作料でテーブルを華やかに「Sugarcane」

SUGARCANE raw bar grill

こちらはベネチアンホテル内にあるカジュアルなレストランの「Sugarcane(シュガーケーン)」。

中には北海道産のホタテを使ったメニューも。どこかホッとするラインナップでした/SUGARCANE raw bar grill

思わず「ワオ!」といいたくなるような素敵な多国籍の創作料理に感動。フォークとスプーンに並んで、お箸が用意されていたのもなんだか日本を思い出してホッとしました。

Sugarcane:https://www.venetian.com/restaurants/sugarcane.html

ドレスアップして雰囲気に浸りたい「RIVEA」

MGM Resorts International®

特別な時間を過ごしたいなら、デラーノホテルの最上階にある「RIVEA(リベア)」へ。フレンチのセレブリティシェフ、アラン・デュカス氏が監修する地中海料理を扱うレストランです。ゴージャスな眺めに、ゴージャスなお料理。ドレスアップをして、ヒールを履いてオシャレに楽しみたい場所です。

いかにもゴージャス!なテラス席からの眺め。光の海がどこまでも…

トリュフのパスタ(左)にステーキ(右)。セレブになった気分です。

どのお料理も最高にオシャレで美味しかったのですが、私としてはデザートが最高でした。

うっとりするようなデザートタイム。

RIVEA: https://delanolasvegas.mgmresorts.com/en/restaurants/rivea.html

Y子だんだんラスベガスに染まる

ゴージャス! パーフェクト! アメージング! ビューティフォー! ワオ!

美味しいものに感化され、だんだん語彙がアメリカナイズドされてきたY子。またラスベガスに行くころには街もお店もさらに進化していそうで楽しみです。

次回はいよいよ最終回。シルク・ド・ソレイユのショーに思わず涙--?

【第1回】34歳会社員、とことん非日常を求めてラスベガスに行ってみた
【第2回】目の前に広がる星の海…ラスベガスで見つけた「私の隠れ家」
【第3回】ラスベガスでスポーツ三昧

(取材協力:ラスベガス観光局、文:ウートピ編集部 安次富陽子)