11月1日(金)公開の映画『マチネの終わりに』の本予告映像が解禁となった。

本作は、芥川賞作家・平野啓一郎が2016年に刊行した「マチネの終わりに」を原作に、日本・パリ・ニューヨークを舞台にクラシック・ギタリストの主人公と海外通信社所属の女性ジャーナリストが織りなす“切なくも美しい大人のラブストーリー”。主人公の天才クラシック・ギタリスト蒔野聡史役に福山雅治、フランスの通信社に所属のジャーナリスト・小峰洋子役に石田ゆり子が扮するほか、共演に伊勢谷友介、桜井ユキ、木南晴夏、風吹ジュン、板谷由夏、古谷一行らが名を連ねる。監督を『ガリレオ』シリーズや『昼顔』で知られる西谷弘が務める。

本予告は、クラシックギターの音色と共に、福山雅治演じる天才ギタリストの蒔野が、現状の演奏に満足が出来ず、スランプに陥っている姿から始まる。そんな中、石田演じるジャーナリストの洋子と出逢い、少ない逢瀬を交わしながら、東京とパリという長い距離と障害を超え、心を通わせる姿が。だが後半では、蒔野が空港で誰かを探し、洋子が雨の中で待つシーン、そして涙のシーンも。お互いを想い合いながらも、あらがうことのできない運命に翻弄され、すれ違う2人を案じさせる。

東京・パリ・ニューヨークの美しい風景を、贅沢にも全編フィルムで収めた美しい映像、クラシックギターの音色、そして心揺さぶられるセリフの数々に酔いしれる『マチネの終わりに』。作曲家・菅野祐悟が手掛けた映画オリジナル楽曲「幸福の硬貨」の叙情的なメロディが作品の魅力を引き立てている。この予告映像は、9月13日(金)より随時全国の劇場で上映予定。

映画『マチネの終わりに』は11月1日(金)より全国東宝系にて公開

(C)2019 フジテレビジョン アミューズ 東宝 コルク

映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド