コウチーニョへブンデス経験の同胞からアドバイス…「いろいろなチームのことを教えてくれた」

写真拡大

 今夏バイエルンへと移籍したブラジル代表MFフィリッペ・コウチーニョは、移籍前に元チームメイトの同胞からアドバイスを受けたようだ。11日、イギリス紙『デイリー・ミラー』が報じた。

 2018年1月にリヴァプールからバルセロナへ移籍したコウチーニョだが、わずか1年半でスペインの地を去り、先月、ドイツ王者のバイエルンへ移籍することが決まった。この移籍に際してコウチーニョは、リヴァプール時代や代表チームでともにプレーし、ブンデスリーガのホッフェンハイムでのプレー経験がある、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノからアドバイスを受けたようだ。

「ロベルト・フィルミーノとは、ブンデスリーガのプレーの激しさや、タイトな試合について話したよ」

「彼はブンデスリーガのいろいろなチームのことを教えてくれた」

「彼には、ここに来ることができてどれだけ幸せかということを伝えた。僕はチームメイトやクラブ、ファン、メディアにとても歓迎してもらったし、ゴールとピッチでのパフォーマンスで恩返しをしたいと思っている」

 コウチーニョは、ブンデスリーガ第2節シャルケ戦でバイエルンでのデビューを飾り、第3節マインツ戦では初先発を果たしている。試合はバイエルンがそれぞれ3ー0、6ー1と快勝した。