バルサBと契約したペドリ

写真拡大

FCバルセロナ・フベニール(Bチーム)と契約したペドリの愛称で知られるペドロ・ゴンサレスは、既に同クラブの施設を訪問している。

500万ユーロ(約6億円)でバルサが獲得した同選手は10日(火)に、サン・ジョアン・デスピのシウタ・エスポルティーバ内にあるクラブ・アスルグラナの練習施設を訪問し、いつの日かプレーすることを夢見るカンプ・ノウの訪問も見逃すことは望まなかった。

テネリフェ島出身の16歳FWは、SDを務めるエリック・アビダルと彼のアシスタントであるラモン・プラネス、そして新たにクラブに加入したパトリック・クライファートらと共に施設内を見学している。

ペドリは、この夏に2年+2年の延長オプション付きの契約でバルサが正式に獲得した選手であり、チームに加入するのは来年の6月30日以降となるため、今季はローン移籍という形でUDラス・パルマスでプレーを続ける。

この若き至宝は現在、ラス・パルマスのトップチームでプレーしている。
監督のぺぺ・メルは彼に絶大な信頼を寄せており、両サイドとトップ下でもプレーできる同FWは、この期待に応えている。

だが彼の将来はアスルグラナでのプレーが決まっている。既にバルサのユニフォームを手にしての記念撮影が行われた。

メッシ、久保、香川 出場予定試合をお届け!ラ・リーガ&ラ・リーガ2部もWOWOWで放送・配信!
<<<詳細・放送スケジュールはこちら>>>