トレーニングに参加するアザール

写真拡大

今夏のレアル・マドリーの目玉補強であるベルギー人選手、エデン・アザールとバイエルン・ミュンヘンへのローン移籍から復帰したコロンビア人選手、ハメス・ロドリゲスは10日(火)、グループ練習に参加した。

従って、両選手共に14日(土)のラ・リーガ2019/20第4節のレバンテ戦で復帰する可能性が高まっている。

フランス人指揮官ジネディーヌ・ジダンは10日(火)、シウダ・デポルティーバ・デ・バルデベバスでトップチームの週2度目のトレーニングを率いた。

クラブからの情報によると、エデン・アザールとハメス・ロドリゲスはチームメイト達と一緒に全てのメニューを問題なくこなしたという。同トレーニングにはカスティージャからも複数選手が招集されていた。

一方、プレシーズンから筋肉系の怪我を患っているブラヒム・ディアスはグループ練習の一部のみ参加し、後は別メニューで調整を行った。

またスペイン代表の一員として欧州選手権予選のルーマニア戦とフェロー諸島戦を戦ったセルヒオ・ラモスとダニ・カルバハルはシウダ・デポルティーバの施設内部で調整を行った。

ハメス同様、バジャドリード戦で負傷したイスコ・アラルコンとプレシーズンのアーセナル戦で重傷を負ったマルコ・アセンシオはそれぞれリハビリのプロセスを続けている。

まだ多くの代表組がチームに合流していないため、ジダンは週後半までトレーニングにトップチームの全選手を擁する事ができない状態が続くだろう。

メッシ、久保、香川 出場予定試合をお届け!ラ・リーガ&ラ・リーガ2部もWOWOWで放送・配信!
<<<詳細・放送スケジュールはこちら>>>