書籍『クイーン全曲ガイド』ボヘミアン・ラプソディなど公式録音全201楽曲を解説

写真拡大

クイーンの公式録音全楽曲201曲を解説した書籍『クイーン全曲ガイド』が、2019年9月12日(木)に発売される。

2018年公開の映画『ボヘミアン・ラプソディ』のヒットから、注目を集め続けているクイーン。2020年1月には、クイーン+アダム・ランバート来日公演「ラプソディ・ツアー」も控えている。クイーンの全曲ガイド本は、かつて日本国内でも出版されていたが現在は絶版。入手は洋書のみの状態だったが、そんな中発売されるのが、石角隆行著『クイーン全曲ガイド』だ。

『クイーン全曲ガイド』では、クイーンのファーストアルバム「戦慄の王女(1973)」から「メイド・イン・ヘヴン(1995)」の15枚のオリジナル・アルバムに収められた172曲に、シングルB面などアルバム未収録の20曲を加えた全192曲のスタジオ録音曲を紹介。さらに、ライブ盤に収録されたカバー曲9曲も含めた全201曲を徹底的に解説している。

各章はアルバム毎にまとめられており、それぞれのアルバムのチャートの動向、制作時の背景や、メンバーの動きが時系列で綴られている。解説の内容はレコーディングでのエピソードや、詞やサウンドの分析、プロモーション・ビデオなど様々。また、シングルでリリースされた楽曲については、発売当時のジャケット写真も掲載されている。

【詳細】
『クイーン全曲ガイド』
発売日:2019年9月12日(木)
著者:石角隆行(クイーン研究家)
定価:1,500円+税/判型:四六判/235頁
発行元:シンコーミュージック・エンタテイメント


[写真付きで読む]書籍『クイーン全曲ガイド』ボヘミアン・ラプソディなど公式録音全201楽曲を解説

外部サイト

  • キャンプ・イン・フェス「朝霧JAM」が静岡・富士山麓にて開催、くるり・コーネリアスなど出演
  • クイーン映像作品をプラネタリア TOKYOで、名曲&光が包み込むフルドーム・ミュージック ショー
  • 「クイーン」の花火イベントが大阪・千葉・宮崎で、名曲にのせて13,000発の花火が夜空を彩る