讃岐うどんに押され、すっかり影が薄くなっていましたが、安くてお手軽に、関西ならではの出汁の美味しさが味わえるグルメスポットとして、賑わいを見せる“関西うどん”。

今回は、大阪のオススメうどん店をまとめてご紹介します!

1.剛麺が自慢!「讃岐うどん いってつ」

出典: icoico

『いってつ』は、大阪狭山市にある人気のうどん店です。大阪は剛麺と呼ばれるコシの強い讃岐うどんのお店が多いですが、こちらのうどんもコシがすごい! 剛麺好きにおススメです。店内は、カフェ風で、座敷も2つあります。

出典: icoico

オススメはカレーうどん(830円)。肉がたっぷり。コシのあるうどんとよく合います。

出典: icoico

海老天ぶっかけうどん(950円)は海老2尾、かぼちゃ、エリンギ、ナスの天ぷら付きです。天ぷらは揚げたてのサクサク。そして、冷やで食べるうどんは、コシを強く感じ、食べ応えがあります。

【店舗情報】
讃岐うどん いってつ
●LOCATION
大阪府大阪狭山市茱萸木3丁目245-1
●TEL
072-366-8024
●営業時間
11:00〜15:00、18:00〜21:00
●定休日
日曜

天ぷらがたっぷり!「釜ひろ」

出典: icoico

こちらは、行列のできる人気店「釜ひろ」です。時間をずらせばそれほど並ぶこともありません。

出典: icoico

ミニ天丼セット(850円)のうどんは透明感があってほんのりコシがあって美味。天丼は、海老天、ちくわ天、ナス、かぼちゃ、大葉とごはんが見えない程天ぷらが盛られています。

【店舗情報】
釜ひろ
●LOCATION
大阪市東住吉区山坂5-2-27 ジョイフル鶴が丘 1F
JR阪和線 鶴ヶ丘駅から徒歩3分
●TEL
06-6697-6543
●営業時間
11:00〜14:30、17:00〜20:30
●定休日
火曜・第3月曜

シンプルイズザベスト!「釜揚げうどん 一心」

出典: icoico

『釜揚げうどん一心』は、『釜揚げうどん』、『ざるうどん』だけのシンプルなうどん屋さんです。最近では、日によっては行列ができる事もあります。夜は営業しておらず、麺が売切れたら早めに閉店することもあります。

出典: icoico

ざるうどん大(650円)は細麺、太麺が選べます。写真は細麺です。徳利には、冷たい出汁がたくさん入っています。自分でてんかすや葱、しょうが、ゆず、ゴマなどで好みの味に仕上げます。

出典: icoico

つるつる、もちもちしていて、ほんのりコシがあるうどんは絶品です。

【店舗情報】
釜揚げうどん 一心
●LOCATION
大阪市住吉区長居東3-4-21エメラルド長居104号
●TEL
06-6697-9141
●営業時間
11:00〜16:00
●定休日
火曜

カレーうどんに肉がたっぷり!「天政」

“難波センター街”にある老舗うどん店『天政』店内は大きなコの字型のカウンター席になっており、座って食べる事ができます。

キリッと辛口の天然出汁はとてもレベルが高く、どんなうどんでも美味しいのですが、オススメをひとつ挙げるなら『肉カレーうどん』(580円)。

出典: icoico

370円のカレーうどんに、210円の肉トッピングをプラスしたもので、出汁が効いたコクのあるカレーに、トロトロに煮込まれた柔らかい肉がたくさん乗っかり、贅沢な気分に浸れる逸品です!

【店舗情報】
天政
●LOCATION
大阪市中央区難波3-3-3
●TEL
06-6641-1846
●営業時間
7:00〜23:00
●定休日
無休

ピリ辛高菜と肉の相性抜群!「南海そば」

関西空港の玄関口である南海なんば駅の2Fと3Fの改札内に店がある、いわゆる“駅そば”。切符が無い場合も、改札にいる係員の方に「南海そばを食べに来た」と言えば、構内に入れる臨時パスをいただけます。

注文方法は、券売機でチケットを買って店の人に渡すシステムになっています。3Fの店は立ち食いオンリーですが、2Fの店には椅子席があります。

出典: icoico

何といっても、南海そばの第一の名物といえば、“箸タワー”。箸入れに何重にも割り箸を突っ込んでタワーを作るスタイルは、今でこそ珍しくないですが元祖はあくまでこのお店。

出典: icoico

料理のオススメは、『高菜チャーシュー』(350円)。麺は、温かいうどん・そば・きしめんのなかから選べ、麺の上にピリ辛高菜炒めとチャーシューを乗せたその組み合わせは博多ラーメンの具のようですが、これが意外と和風出汁に合います!

ピリ辛の高菜とチャーシューの肉味がアクセントになって、箸が止まらなくなりますよ!

【店舗情報】
南海そば なんば3階店

出典: icoico

●LOCATION
大阪市中央区難波5-1-60 南海なんば駅3F北改札内
●TEL
070-5432-8803
●営業時間
[平日]7:00〜22:40 [土日祝]7:00〜21:40
●定休日
無休

スープに溶け込んだ油かすが絶品!「松屋」

千日前道具屋筋商店街のど真ん中にあるのに、かけうどんが1杯180円と激安のうどん店。注文方法は、券売機でチケットを買って店の人に渡すシステムになっています。

店内は長いカウンターになっており、座って食べることができます。店の奥にはテーブル席があって家族連れでも大丈夫。

出典: icoico

うどん、そば、どんぶりものなど無数のメニューがある中で、隠れた名品なのがこちらの『かすうどん』(400円)。

“かす”とは“油かす”の事で、牛の小腸を牛脂でじっくり揚げて作られる大阪南部のソウルフード。100gで400円はする食材なのですが、丼の約3分の1を覆い尽くす油かすが入っているのは圧巻です。

出典: icoico

コクのある油かすの脂とプルプルしたコラーゲンが出汁に溶け込み、奥行きのある味わいになっています。ふんわりと握られたおにぎり2個セットでも500円と激安!

かすうどんを頼むと、おろしニンニクが入った容器を置いてくれるので、それを加えて一層ジャンキーな味にするのもまた楽しいですよ!

【店舗情報】
松屋うどん

出典: icoico

●LOCATION
大阪市中央区難波千日前13-1
●TEL
06-6633-3331
●営業時間
6:30〜21:00
●定休日
‎お盆・年始

受験生の味方!「星合茶屋」

学問の神様として知られる大阪天満宮の北側、星合い池の奥に『星合茶屋』では、受験生にぴったりの名物グルメがあります。その名も“すべらんうどん”です。

出典: icoico

一押しメニューは『天神ぎつねうどん』の450円。こちらを注文すると、サービスで“すべらんシール”を付けてくれました。お店の方に「シールが欲しい」と言えばいただけます。

出典: icoico

さて、すべらんうどんは単なる名前ではなく、本当に箸ですくってもすべりません。麺をよく見ると、平らな麺の真ん中に切れ目があって、お箸やフォークがひっかかる仕組み。麺の長さは18cmほどで、一般のうどんより10cm程度短めの麺となっていて食べやすいです。

このすべらんうどんの始まりは、病気で目が不自由になった息子さんが、目が見えなくてもうどんを食べられるようにと開発したもの。それが次第に「すべらん」「すべらん」と受験生の間で話題になったのだとか。

麺にばかり注目してしまいがちですが、実際に食べるとお出汁も抜群。これぞ関西のお味。

【施設情報】
うどん双樹株式会社「星合茶屋」

出典: icoico

●LOCATION
大阪府大阪市北区天神橋2丁目5−6
●TEL
0120-533-539
●営業時間
10:00〜16:00

写真/mahina、こばやしりょーじ、旅人間 編/icoico編集部

※本記事に掲載されている内容は公開時点のものとなります