労働新聞より

写真拡大

 前回、北朝鮮(D.P.R.K.)による新型SRBM、NATOコードKN-23の実験によって見えてきた、KN-23の五つの特徴とそれが日本にもたらす影響について概説しました。

 今回具体的に、それらが何をもたらすかについて解説します。

◆1:西日本を射程に納める

 短距離弾道弾(SRBM)は、おおむね射程1000km以内のものを指してきましたが、中距離核戦力全廃条約(INF全廃条約)によって中距離核戦力(INF)は、「射程500〜5,500km以上の核・通常弾頭を搭載する地上配備の弾道ミサイルおよび巡航ミサイル」とされたため、米ソ両国において以後、SRBMは500km以下の射程とされてきました。

 ロシアのSRBM、9K720(イスカンデル)は、本来700km程度の射程で設計され、INF全廃条約準拠のために射程500km以下にデチューン(性能を下げる処理)されていると考えられています*。また同様に、INF全廃条約による嫌疑をかけられないように、米露両陣営でSRBMの核兵器搭載能力をデチューンによって省いてきました。
<*ロシア、カリーニングラードに弾道ミサイル NATO諸国反発2016年10月09日 AFP:”リトアニアのリナス・リンケビチュス(Linas Linkevicius)外相は8日、 〜中略〜イスカンデルは改良されて最大射程が700キロに延び、カリーニングラードからドイツの首都ベルリン(Berlin)が射程内に入る。同外相は、ロシアは今回の配備によって西側諸国に譲歩を迫る意図があるとの見方を示した”(記事抜粋)。また、自民党および日本政府に強い影響を及ぼしてきているとされる合衆国のCSIS(戦略国際問題研究所)は、KN-23の射程を690kmとし、射程700kmまでの性能を持つ可能性に言及している。(参照:KN-23 | Missile Threat)

 このような兵器の意図的なデチューンは、日本や韓国で多く見られており、戦闘機から爆装を外したり、兵器の射程を大幅に切り詰めたりしています。

 7月25日のKN-23試射では、600kmの飛距離が確認されています。このことは、イスカンデル系SRBMが本来500kmを超える射程を持つことを明確に示したことになります。この現在確認された600kmと言う射程は、元山の南部から島根県と山口県の一部を、金剛山近くに射点をおくと長崎県、佐賀県、福岡県、山口県、広島県、島根県を圏内に含みます。

◆2:迎撃不可能である

 前回示したように、KN-23はミッドコース迎撃兵器であるSM-3とターミナルフェーズ高層迎撃兵器であるTHAADでは原理的に迎撃できません。これは原型となったロシアのSRBM、9K720(イスカンデル)が、合衆国式の弾道弾防衛システムの裏をかくように設計されているためと言えます。結果、現在自衛隊および在日米軍が配備する弾道弾迎撃兵器でKN-23を迎撃可能なのはペトリオットPAC-3のみで、これは古いScadなどのSRBM迎撃には有効とされますが、燃焼終了時の最大速度*が音速の6〜7倍とされるイスカンデル系SRBMの迎撃はきわめて難しくなります。また、イスカンデル系SRBMは、目標直上でPAC-3の射高外ないし射程外から垂直落下するとされており、終末速度の速さとあわせてPAC-3にとって迎撃はさらに難しくなるとされます。
<*このときの運動エネルギーと位置エネルギーが終末速度を定めるが、空気摩擦などによる損失もある>

 そもそもPAC-3は、拠点防空兵器であって射程距離は20km程度しかありません。

 現在、新型の汎用艦対空誘導弾であるSM-6に弾道弾迎撃能力を付加する開発が進められていますが、日本における弾道弾防衛での戦力化は未定です。また、イスカンデル系SRBMには迎撃を回避するMaRV(機動再突入体)能力だけでなく対迎撃妨害能力があるとされます。

◆3:命中精度がきわめて高い

 イスカンデル系SRBMの性能を引き継ぐとされるKN-23は、命中精度をしめす半数必中界(CEP:半数が着弾する半径、例えば10発撃てば5発がCEP内に着弾する)が、5〜7mと精密誘導巡航ミサイル並みの極めて優れた値とされています。