ミャンマー戦では先発フル出場を果たした長友。収穫と課題を語った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[カタール・ワールドカップ・アジア2次予選]日本 2-0 ミャンマー/9月10日/トゥウンナ・スタジアム
 
 カタール・ワールドカップのアジア2次予選の初戦で、ミャンマーと対戦した日本は2-0で勝利。16分に中島翔哉の強烈なミドルで先制すると、26分には南野拓実が堂安律のクロスからヘッドを決めて追加点。ただ後半はチャンスを作れども3点目が奪えず、そのまま2-0で試合は終了した。
 
「過去のワールドカップ予選と比べれば、上々の入りができたと思います」と振り返るのは長友佑都だ。前回の2次予選初戦はシンガポールとホームで引き分ける波乱のスタートだっただけに、「過去の入りが特に悪かったので、僕はそれを経験しているので、今回は良かったです」と無失点で勝ち切ったことを評価する。
 
 もっとも特に後半はチャンスがあっただけに、ゴール前での精度不足は改善すべき問題として挙げる。
 
「これは僕らの課題。パスの精度、クロスの精度、シュートの精度は何度も言ってきましたが、改善されていないと思います」
 
 そして個の力のレベルアップが必要だと話す。
 
「結局、最終的には個の力。連動して崩しても、最後のクロス精度、シュート精度は個のところになる。厳しい環境でトライ、挑戦し続けなくていけないというのは、そういうところがあるから。最終的に良いところまではいけますが、個の力が足りないとシュートを外してしまったり、パスがずれてしまったりする。言ったら世界の最高峰の選手だったら、今日みたいな試合では5点以上を取っているでしょうね。ビッグクラブや厳しい環境でやって欲しい、僕もやりたいと言うのは、そういうところで差が出ると分かっているからです」
 
 白星スタートを切った日本だが、課題も見て取れた。今後、修正できるかは大きなポイントになりそうだ。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】日本2−0ミャンマー|森保ジャパン、W杯アジア2次予選を白星スタート!久保が最年少出場記録を更新!