CMではマクドナルドで自然に過ごす大野の姿が見られる

写真拡大

 嵐の大野智(38)が出演するマクドナルドの新テレビCM「笑顔のためにできること、ぜんぶ。」編が11日から全国で放送される。

 舞台はある休日のマクドナルド。カウンターでビッグマックのセットを受け取り、にぎわう店内の一角に着席する。早速袖を巻き上げ、まもなく訪れる至福のひとときを想像し、顔がほころんでしまう。そのまま熱々のポテトを食べ、いよいよビッグマックへ。食べる前にじーっと見つめ「頼むぜ、マック」とつぶやく。口いっぱいにビッグマックをほおばり、いつもと変わらないおいしさを楽しむ。

 撮影を終え「ビッグマック、あらためて見るとデカいなと思いました!非常においしかったです」と振り返った。プライベートでは「ベーコンレタスバーガー」や「朝マック」をよく食べるというが、実はお気に入りがもう1つ。嵐が2001年にCM出演した際に期間限定発売された「サーモンマック ムニエル風」で「めちゃめちゃはまっちゃって。よく買いに行ってました。また食べたいです」と復活を熱望した。

 撮影の際、席を探すシーンで隣にいたのは小学生の男の子。大勢のスタッフでガチガチに緊張するのを見ると、「オレ、耳がめっちゃ柔らかいんだよ」と話しかけ、「あっ!もっと柔らかいやつがいた!」と男の子の耳を触り、大野流で緊張を和らげた。

 マクドナルドでは10月1日からの消費税率10%への引き上げ、軽減税率制度の実施後、「店内飲食」「持ち帰り(ドライブスルー含む)」を同一の税込み価格とする。一部品目では税込み価格10円の値上げとなるが、約7割の品目では税込み価格は据え置きとなる。CMでも大野の映像を背景にナレーションで説明を行う。