日本は立ち上がりからペースを掴み、中島のゴールなどで前半で2点をリードした。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 カタール・ワールドカップ・アジア2次予選のミャンマー代表対日本代表は9月10日、ミャンマーのトゥウンナ・スタジアムで現地時間18時50分(日本時間21時20分)のキックオフで行なわれている。

 日本のスタメンはパラグアイ戦と同じ顔ぶれで、前線は1トップに大迫勇也を起用。1.5列目に南野拓実を配し、左に中島翔哉、右に堂安律が入る、日本代表の王道の攻撃ユニットで構成される。久保建英はパラグアイ戦に続きベンチスタート。

 開始前から降り続いた雨の影響でピッチは滑りやすく、所々ぬかるんだ状態に。日本はショートパスでつなぐだけでなくロングパスも織り交ぜて活路を見出す。5分には左サイドから長友佑都がクロスを供給。混戦から最後は南野が左足で狙うが、ここは枠を外れた。

 トゥウンナ・スタジアムは、多くのミャンマーサポーターで占められ、日本は文字通りアウェーの雰囲気でのゲームとなったが、15分にはこの逆境を撥ね返して先制点を奪う。敵陣左サイドでのボール奪取から前線の中島にボールをつなぐと、中へ切れ込んだ中島は右足を一閃。ややカーブをかけたシュートはGKの頭上を越えてネットを揺らす。カタール行きを懸けた日本の予選初ゴールは中島が決めた。

 さらに日本は攻勢を仕掛け、26分には敵陣ゴール前での大迫の落としから堂安が左足を振り抜く。これはGKの好守に阻まれるものの、こぼれ球を拾った堂安からのクロスを南野が頭で押し込み、日本が2点目を奪った。

 直後の27分、日本は大迫が相手DFの危険なタックルで倒される。このファウルに大迫が激高する場面も。相手選手にはイエローカードが提示された。

 前半は日本が2点をリードして終了した。