犯罪に近いセクハラ行為が常態化 フリーランスに対する防止措置求める

ざっくり言うと

  • 会社に所属せずに働く労働者へのハラスメントに関する調査結果が公表された
  • 回答者の61.6%がパワハラ、36.6%がセクハラを受けたことがあるという
  • 調査団体は、フリーランスへの防止措置を求める要望書を厚労省に提出した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング