レヴァークーゼン、2019-20新ユニフォーム登場!「シンプルな赤が復活」

写真拡大 (全7枚)

ドイツ1部バイヤー・レヴァークーゼンとキットサプライヤーのJakoは7月、2019-20シーズンに向けたユニフォームを発表した。

今回、新作としてリリースされたのはホームとサードの両キット。アウェイキットについては18-19ホームキットを転用する。

Bayer Leverkusen 2019-20 Jako Home

ここ数シーズンはブラックを基調としたカラーが続いたホームキットだが、今回はほぼレッド一色に。このようにレッドがメインのホームキットは14-15シーズン以来となる。胸スポンサーはドイツの保険会社「Barmenia Versicherungen」で継続。


前面・背面ともに濃淡の斜めストライプを取り入れたデザインを採用。首元の「WERKSELF(工場の11人)」は愛称で、チームが製薬会社の労働者によって結成されたことを意味する。

パンツとソックスも、シャツと同じレッドで統一。前回シンプルにレッド一色だった14-15シーズンと同じように、全身同色でまとめている。

Bayer Leverkusen 2019-20 Jako Away

今季のアウェイキットは18-19シーズンのホームキットを転用。中央の一本線が印象に残るデザインだった。

Bayer Leverkusen 2019-20 Jako Third

サードキットはライトグレーを基調としたデザインで、基本的にホームキットの色違い。エンブレムやスポンサーロゴなど各部をブラックで統一し、ちょっとしたモノクローム仕様となっている。

パンツとソックスも同様にライトグレーがベースカラー。ソックスは共通の仕様として、前面にチーム名“B 04”が入る。