いつも不安、空気を読みすぎる……心が疲れやすい性格チェック

写真拡大

仕事や恋愛にがんばってヘトヘトになっている現代の女性たち。
ちょっとしたことで落ちんでしまい、頑張りたいのになかなか浮上できない……それは心まで疲れているサインかも!
が溜まりやすい人はどんな性格なのでしょうか?
今回は、女性の内面と外見の美しさにアドバイスをしている医学博士・川上智史先生に解説していただきました。
が溜まりやすい性格の特徴と、その対処法をご紹介します。

心が疲れやすい性格チェック その1:自分に自信がもてないオロオロタイプ


□キャリア、転職のことを考えると胃が痛くなるくらい不安を感じる
□悩みが“何歳までに結婚できるかな”ではなく“一生のうち結婚できるかな”に変わった
□「趣味は?」と聞かれて答えられるものがない
「自分に自信がもてないということは、自分を責めてしまうということ。少しずつポジティブな考えを取り入れて自信をもち、ストレスに強い体作りをしてみるのもいいかもしれません」(川上先生)
この不安は、実際に行動して「やってみればできた」と解消されることが多いようです。
友人の誘いに乗って趣味を始めたり、毎月定期的に貯金をしたりなどの行動を起こしましょう。
なにが不安なのか分からない「不安感」は恐怖心を生み、身も心も委縮してしまいます。
まず、自分がなにをどう感じているのか、書き出して整理してみるといいでしょう。

心が疲れやすい性格チェック その2:空気を読みすぎる八方美人タイプ


□同僚の仕事のミスに気がついても、「嫌なやつ」と思われそうで指摘できない
□飲み会ではいつも幹事をまかされ、忙しくても断ることができない
□少し苦手な女友達でも、「髪切ったんだね。似合ってる!」と、頑張ってほめることができる
「周囲の反応を気にするのは人間として当たり前の行動です。しかし、気にしすぎる性格の方は“気疲れ”によって、ストレスがたまりやすくなってしまいます」(川上先生)
つねに他人の顔色をうかがい、戸惑っていませんか?
空気を読めない人は「KY」と言われ敬遠されてしまいますが、それと同じように空気を読み過ぎるのも困りものなのです。
一度、自分が思ったことを思い切って行動に移してみるのもいいですし、そうしたときのデメリットをシミュレーションしてみましょう。
思った以上に周りの反応がなんてことなかった、なんて結果にあ然とすることでしょう。

心が疲れやすい性格チェック その3:理想の自分像タイプ


□つねに向上心をもっており、自己啓発本を何冊ももっている
□細かくスケジュールや人生設計を立て、その目標に向けて自分に厳しく努力を怠らない
□仕事や習い事をがんばっていても満足感がなく、中途半端な自分を情けなく思うときがある
「自分をよく見せたいということはある意味「向上心」ですので、いいことです。しかしながら、その欲求が強いがために、自分に無理難題を課せてしまうのは要注意。いつまでたっても理想に届かないことからストレスにつながってしまうことがあります。はじめは低いところから、少しずつハードルを上げていくと、自然に受け入れることができ、ストレスも軽減できるようになります」(川上先生)
仕事や私生活でも、スピードを求められてしまう世の中で、「その波に乗らなくては!」という思い込みは、いい結果を生み出せないこともあります。
また、自分をよく見せたいという欲が大きすぎると空回りします。
寝る前に、今日の自分のよかったところを思い起こしてみましょう。自分はちゃんと頑張っていて、イケてることを認識しながら、次なる目標に進むエネルギーを養ってください。

ゆっくり自分を見つめる時間をもって


あなたは、心が疲れやすい性格に当てはまりましたか?
つねに心が緊張したり、他者に対して気を遣っていたりしていると、知らず知らずに心のエネルギーを浪費して、心が疲れている状態になってしまいます。
「自分はなにがしたいのか。どう感じているのか」「これから、どんなふうに生きていこうか」などと、アラサー女性には考えることがたくさんあります。
だからこそ、じっくりと自分の心の本音を探る時間が必要のようです。
自分の性格を理解して、少しでも心の疲れを解放してあげてくださいね。
(yummy!編集部)

公開日:2012年6月18日
更新日:2019年9月10日