冷え込む衣料消費「オシャレ」より美容や通信費に重きを置く若者

ざっくり言うと

  • 2015年以降、若者の衣料消費が衰退し、底割れを起こしているという
  • 1990年には家計消費支出の7.38%を占めていたが、2018年には3.75%に激減
  • 代わりに「通信費」や「理美容費」の割合が大きくなっているとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング