あおり運転の末に暴行か 53歳の男を逮捕

写真拡大

 今年7月、東京・国立市の路上で交通トラブルになった相手の60代男性を殴ってけがをさせたとして、53歳の男が逮捕されました。

 森貴志容疑者は7月27日午後5時すぎ、国立市谷保の国道で60代の男性が運転する車の前方に自分の車を止めて無理やり停車させたうえ、男性の顔を複数回、殴って全治2週間のけがをさせた疑いが持たれています。警視庁によりますと、森容疑者と男性は車の運転を巡ってトラブルになっていて、森容疑者は「相手が右折レーンを直進してきてぶつかられそうになった」と話しているということです。取り調べに対して「殴ったことに間違いありません」と容疑を認めています。