ベルギー代表監督、マンU離れたルカクに言及「自由で幸せそう」

写真拡大

 ベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督が、今夏インテルに移籍した同代表FWロメル・ルカクについて語った。9日、イギリス紙『ミラー』が伝えている。

 ルカクは今夏、マンチェスター・Uから7200万ポンド(約95億円)の移籍金でインテルに加入。セリエAでは開幕から2試合連続で得点を挙げるなど、早くも結果を残している。

 かつてエヴァートン在籍時にもルカクを指導していたマルティネス監督は、今夏マンチェスター・Uから離れたことはルカクにとって正しい選択であったとの見解を明かした。

「こんなに自由で、幸せそうなルカクは初めて見たよ。新しい挑戦によって彼は、とても集中しているし、嬉しそうだし、ものすごくリフレッシュしているように見える。インテルに加入したことで、彼の中で一番とも言える新しい章の始まりを迎えていると思う。彼の人生はフットボールだ。クラブでも代表でも効果的に得点を挙げるためだけに生きていくだろう」