FC東京では共にチームメイトだった久保建英(左)と永井謙佑(右)。Jリーグと同様にホットラインを代表でも築けるか。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大 (全2枚)

 この前のパラグアイ戦の前半は、相手のコンディションが整っていないこともあり、早い時間帯で点が取れた。2点ともダイレクトプレーが入った良い崩しだったね。

 1点目は中島翔哉がワンタッチでボールを離したのが効いて、最終的にクロスを上げた長友佑都が完全にフリーになった。難しいクロスに合わせた大迫勇也の技術も素晴らしかった。
 
 2点目も中島が右サイドのスペースをしっかり見て展開し、クロスを上げた酒井宏樹と中央で合わせた南野拓実がノーマークになる局面を作り出していた。今まで出場してきた、いわゆる”スタメン組”は合格点を与えられるパフォーマンスを披露したよね。
 
 とりわけ、今までドリブル突破に偏る傾向にあった中島が、このパラグアイ戦ではピッチを広く見ている印象があった。彼自身の成長も感じたよ。
 
 ちょっと残念だったのは、メンバーを変えた後に試合が動かなかったことだ。決して悪かったわけではないけど、ゴールという結果が欲しかった。
 
 これから戦うワールドカップ2次予選の相手を考えると、ちょっとのミスではやられないというか、負ける心配はそんなにない。

 とはいえ、さらに先の最終予選やワールドカップ本大会を見据えて強化を進めるなら、攻撃のオプション作りは不可欠だ。その意味で、パラグアイ戦の後半には、課題が残ったんじゃないかな。
 
 久保建英を投入した後は、どうも久保にボールが集まりすぎていた気がする。彼自身は多くのシュートを打っていたし、積極的なプレーを連発していた。その点に関しては問題ないけど、チームとして他の選手を活かせていたかと言えば、そうではなかったよね。
 
 例えば、永井謙佑だ。誰が見たって分かる彼の武器=スピードをチームとしてどう生かすのか。その辺りは見ていて不透明だったよ。ポストワークに優れた大迫に代えてスピードのある永井を投入したら、当然チームとしての攻撃パターンも変わるはずだけど、永井の特長を引き出すようなパスはあまり出ていなかったよね。

 もちろん、時間をかけて構築してきた”スタメン組”の連携が進んでいるのは喜ばしいことだけど、試合が膠着してきた時に選手交代でリズムを変えるような一手が打てないと、強豪相手には厳しくなるだろう。
 10日のワールドカップ2次予選の初戦、ミャンマー戦は、おそらくパラグアイ戦のスタメンが、そのまま出場するだろう。私もそれでいいと思う。初戦というのは雰囲気が違うし、ましてやアウェーゲームだ。しっかり勝ちきるには、経験のある選手を軸に据えるのが常套手段だよ。

 そのうえで、前半で複数得点を奪って、試合を決められれば理想的だ。他の選手を試すこともできるからね。ワールドカップ予選の交代枠は3つ。親善試合とは違って、試せる駒は少ないから、誰を使うかで森保監督の思考も読めるはずだ。
 
 個人的には、前線の選手を積極起用してほしいね。特に最前線、大迫の代役探しを最優先で進めたいところだ。
 
 パラグアイ戦に出場した永井はもちろん、Jリーグで奮闘している鈴木武蔵も見てみたい。彼らが”スタメン組”と上手く化学反応を起こさないことには、いつまで経っても大迫頼みの状態が続いてしまうからね。
 
 ただ、ゼロトップというのもひとつの手だ。南野を最前線に上げて、トップ下に久保を入れる。この形で中島と久保が共存できれば、日本の新たな武器になる可能性もあるよね。やっぱり久保は非凡なモノを持っているから、様々な可能性を探ってみても良いと思う。
 
 それに、ボランチの人選も焦点のひとつだ。柴崎岳は鉄板として、その相棒を誰が務めるのか。橋本拳人はパラグアイ戦で及第点のパフォーマンスを披露し、監督の信頼を勝ち取ったと思う。これをワールドカップ予選でも続けられれば、他のライバルに差をつけるかもしれない。

 一方で、遠藤航をはじめとする他のボランチ陣も黙ってはいないはずだ。サイズのある板倉滉あたりは、世界と戦う時にセットプレー対策にもなるからね。どんどん競争して、チームとしての底上げを図ってほしい。
 
 いずれにせよ、ミャンマー戦は絶対に勝たなければいけない試合。ここはスッキリと勝点3を取って、10月の2試合(10日/モンゴル戦、15日/タジキスタン戦)につなげたいね。

【日本代表 練習PHOTO】ミャンマー戦へ向けて、試合会場となるトゥウンナスタジアムで汗を流す!