EURO予選無傷の6連勝

写真拡大

8日(日)、EURO2020予選第6節のフェロー諸島戦で4-0の快勝を収めたスペイン代表のキャプテン、セルヒオ・ラモスは同一戦に先発出場し、代表キャップ数を167に伸ばした事でイケル・カシージャスと並び、スペイン代表で最多キャップ数を誇る選手となった。

レアル・マドリーのDFはラ・ロハで21ゴールをマークし、W杯1回、欧州選手権2回の優勝を経験している。ラモスのスペイン代表での長年に渡る貢献を物語る数字である。

監督ロベルト・モレノが前節のルーマニア戦(1-2○)に続いて先発させたのはラモスとFWロドリゴ・モレノのみだった。

新たに先発メンバーに入った選手達はデ・ヘア、ガヤ、マリオ・エルモソ、カルバハル、パレホ、ロドリ、チアゴ・アルカンタラ、ミケル・オヤルサバル、スソだった。

スペインはエル・モリノン(スポルティン・ヒホンの本拠地)で行われた一戦で大勝し、同予選6連勝を飾ると共に、キニ(60年代後半〜80年代に活躍したヒホンのレジェンドFW)への敬意を示した。

メッシ、久保、香川 出場予定試合をお届け!ラ・リーガ&ラ・リーガ2部もWOWOWで放送・配信!
<<<詳細・放送スケジュールはこちら>>>