インテルの新エースとして期待されるルカク photo/Getty Images

写真拡大

インテルに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクは、新天地のイタリアで充実した時を過ごせているのかもしれない。

今夏の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドからインテルへ完全移籍した26歳のルカク。自身初のイタリア挑戦となったが、新天地にすぐさま適応してみせると、開幕戦から2試合連続ゴールを記録し、幸先の良いスタートを切った。また、持ち味のフィジカルを活かしたプレイで攻撃の起点になるなど、チームの2連勝に大きく貢献し、早くも必要不可欠な存在となっている。

イタリアでさらなる活躍が期待されるルカクだが、現在は一旦チームを離れ、EURO2020予選へ臨むベルギー代表に参加中。9日にはスコットランド代表と対戦予定となっている。そんな一戦を前に、同国代表の指揮官を務めるロベルト・マルティネス監督が、同選手について言及した。

英『sky sports』などによると、インタビューに応じたマルティネス監督は「私はこれほど自由で、こんなに幸せそうな彼(ルカク)を見たのは初めてだよ。たくさんのキャンプを振り返って見ても、ここまで集中しているロムは見たことがないね。新たなチャレンジによって、非常にリフレッシュされ、とても幸せそうだ」と明かした。

さらに「私が思うに彼は今、キャリアの中で最も大きなサッカーの章へ突入する準備じゃできているんじゃないかな。そして代表チームでも、出来る限り良いコンディションでいようとしてくれている。だから、私は彼の幸せそうな姿にとても感銘を受けた。彼はこの先のサッカー人生も、楽しみにしていると思うよ」と話している。

はたして、ベルギーの怪物と言われたルカクはこの調子を維持し、イタリアで輝きを放つことができるのか。新天地で大ブレイクを果たす可能性も十分にあるだろう。