画像

写真拡大

 LINEのグループ会社であるLVCは、資金決済に関する法律に基づく仮想通貨交換業者への登録が完了したと発表した。

 LINEは9月6日、LINEの仮想通貨事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVCの、資金決済に関する法律に基づく仮想通貨交換業者への登録が完了したと発表した。今後は、日本国内に向けて仮想通貨取引サービス提供の準備を進めていく。

 LVCが取り扱う暗号通貨は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)となっている。

 LINEのグループ会社では、LINE TECH PLUS PTE. LTD.が2018年7月から日米を除くグローバルの仮想通貨交換所「BITBOX」をオープンしている。

MONEYzine編集部[著]

【関連記事】
LINE、独自のブロックチェーンネットワークを基盤としたエコシステム発表、日本向けコインはLINEポイントに交換可能
LINEの仮想通貨が取扱開始、ビットコイン・イーサリアム・テザーと交換
スコアリングサービス「LINE Score」スタート、特典として個人向け無担保ローンも提供