テアシュテーゲン、代表で控えなのは「気が狂いそう」と吐露

写真拡大

バルセロナの守護神に君臨するマーク=アンドレ・テア・シュテーゲン。

現在世界最高のGKのひとりであるものの、ドイツ代表ではいまだにマヌエル・ノイアーの控えという立場に甘んじている。

『T-Online』のインタビューで、その状況についてこう述べたという。

マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン

「もちろん、ちょっと気がおかしくなりそうさ。

自分のベストを尽くしても、自分の望む場所にはいられない。

でも、時間とともに自分自身への答えを見つけたよ」

「プライオリティを設定したんだ。成功したいし、大きな目標はこの国で1番のGKになることさ。

でも、何を差し置いてもというわけじゃない。

フットボールはひとつのことだけど、人間性はもっと大事だ」

【関連記事】 「ベンチじゃ勿体ない!レギュラーでプレーすべき4人の控えGK」

また、「簡単ではないけれど、耐えることもフットボールの一部」とも口にしていたそうだ。